car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型アウディRS5は450ps V6ターボ搭載、ジュネーブモーターショー画像

新型RS5発表、A5シリーズ上級スポーツがフルモデルチェンジ

アウディは今月スイスで開かれたジュネーブモーターショー2017で、新型RS5をワールドプレミアさせた。

(写真は新型RS5)
RS5

アウディでは、昨年2016年からA5シリーズのフルモデルチェンジが進められている。今回ジュネーブ初公開となったのは、上級スポーツモデルのRS5である。

RS5 リアコンビネーションランプ RS5 ジュネーブモーターショー2017

新型RS5は新型A5シリーズとして発表のあったクーペがベースとなるわけだが、メッシュグリル、ヘッドランプ下のエアインレット、サイドシル、マフラー周辺などエクステリアでも目立った専用パーツが置かれており、見た目にも走りを予感させる仕上がりとなっている。

RS5 マフラー RS5 トランク

新型RS5は新開発2.9L V6ツインターボエンジン搭載、8速AT採用

新型RS5のパワートレインには新開発の2.9L V6 ツインターボエンジンが採用される。トランスミッションは8速ティプトロニックとなる。

RS5 フロントグリル RS5 エンジン

先代型は4.2L V8 NAエンジンであったから、ダウンサイジングターボのトレンドに従ったことになる。最高出力は先代型、新型ともに450psと変わらず。最大トルクは新型が61.2kgfmを達成し、従来型の43.8kgfmを大きく上回ることになる。さらに先代型比で-60kgの軽量化も果たしており、走行パフォーマンスは大幅に向上している。0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は280km/hと公表されている。

RS5 インテリア RS5 シート

新型RS5の発売日は、欧州向けには2017年6月が予定されている。日本市場向けには、まだ通常A5シリーズも新型に切り替わっていないが、順次導入されることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/02/18)

アウディ・A5/S5シリーズがマイナーチェンジ

アウディA5とS5がマイナーチェンジでフロントデザインが変わった

アウディA5、S5のスポーツバック、クーペ、カブリオレのそれぞれが、先月2012年1月にマイナーチェンジを受けた。
日本にも導入される。
エクステリアでの主な変更点は、ヘッドライト、フロントグリル、リアコンビネーションランプ。
さらに、スポーツバックは、これまで2.0L直噴ターボエンジンのA5スポーツバックのみのラインアップであったが、3.0L V6 スーパーチャージャー搭載のS5スポーツバックが日本に導入される。

写真は先月の大阪モーターショー2012で出展されたA5カブリオレ。
ヘッドライトは従来のシンプルな平行四辺形から独特のデザインに。グリルは上部の角がカットされた。
フォグランプ形状も円形から長方形へと変わっている。
A5カブリオレ
A5 カブリオレ 赤アウディ A5 カブリオレ

こちらはA5クーペ。
2ドアのクーペボディながら顔つきは、カブリオレと変わらない。
アウディ A5 クーペ

A5/S5は燃費性能も優れる

新しいA5とS5は、アイドリングストップシステムや電動パワーステアリング、あるいはブレーキエネルギー回生システムまでも標準装備しており、最新の環境対応テクノロジーを採用。
さらにS5シリーズは、従来の4.2L自然吸気V8エンジンが廃止され、ダウンサイジングエンジンである3.0L V6 スーパーチャージャーに一本化される。
これらの進化により、燃費性能はこのクラスのクルマとしては優れたものとなる。
2.0TFSIエンジンを搭載したA5クーペが14.4km/L、同エンジンながら重量の重いA5カブリオレは12.4km/L。
また、3.0 V6 スーパーチャージャーのS5スポーツバックは10.6km/Lとなる。
いずれも10・15モード燃費の数値だが、同モードに特化されていない欧州車であるゆえ、実用燃費でもこれに近い数値を期待することができる。