car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プジョー508がフルモデルチェンジ、新型はファストバック4ドアクーペ

新型508、SUVはもう古い、ファストバック4ドアクーペが新たなトレンド

プジョー 508がフルモデルチェンジし、開催中のジュネーブモーターショー2018で車体公開された。

(写真は新型508)
新型508

新型508のボディサイズは全長4750mm×全幅1840mm×全高1400mm、ホイールベースは2790mmとなる。先代型508との比較では、全長で-80mmのダウンサイズを受けている。4ドアクーペの低く構えたボディスタイルも相まり、スポーティでありながらも小さくなった印象を受ける。

508 フロントグリル 508 インテリア

そしてファストバック全体が開くリアゲートが装備されるのも大きな特徴の一つである。BMWのグランクーペ、アウディ A5スポーツバックあるいは同ショーでデビューとなったメルセデスAMG GT 4ドアの例にもある通り、近年ドイツ系プレミアムブランドによってファストバック4ドアクーペなるジャンルが開拓されてきた。さらにフォルクスワーゲンがアルテオンを2017年の同ショーで発表しており、ボディタイプとしてのファストバックは、SUVブーム後の新たなトレンドになりそうな勢いである。

508 ジュネーブモーターショー2018 508リアコンビネーションランプ

新型プジョー508は後席がやや狭い、大開口ラゲッジは魅力

そんななか登場した新型508の意義とは、ファストバック4ドアクーペの大衆化であると考える。先に登場したアルテオンはVWブランドながらもプレミアムモデル的な存在であった。プジョーの通常の508シリーズということであれば、日本導入されても手に届きやすい価格設定が期待される。

プジョー新型508 508 リアコンビネーションランプ ファストバック

ただしその分、アルテオンの完成度の高さを再認識させられる部分もあった。この手の後席ルーフが低いモデルは、ヘッドクリアランスを稼ぐためにリアシート座面を低く設定しなければ後席居住性が確保できない。これにより足を前に伸ばすスペースが多く必要とされるわけだが、全長の短い新型508ではフロントシート下に足先を潜らせて、ようやく後席乗客がまともに座れるギリギリのラインといったところである。これがパワーシート装備車となるとフロントシート下に足先を潜らせることができず、大人3~4名乗車でのツーリングが難しいほどに後席居住性は悪化する。アルテオンではパワーシート装備車も足先を潜らせることもできるし、そもそも前後方向に圧倒的な余裕がある。

プジョー 508 ジュネーブ

新型508のフロントシートはドイツ車のようで適度なホールド感があり好感が持てる。いわゆるフランス車のようなゆったりした座り心地ではない。
508ファストバック

なんと言っても積載能力の高さは魅力である。

#1 匿名さん2018/03/18(Sun)21:53:44ID:AxYWExZjGN
IDが表示されるようになりました。ご対応ありがとうございました。
#2 匿名さん2018/03/18(Sun)22:06:01ID:IwZThmODTZ
運営、グッジョブ!

これで思い残すことはない
ミッション、コンプリート!
#3 匿名さん2018/03/19(Mon)19:59:38ID:NhYWUzNjjN
これピニンファリナのデザイン?

#4 匿名さん2018/03/25(Sun)21:08:30ID:FhOGVjOGGN
ドイツ車みたいな野暮ったいデザインと違って格好いいし、センスいいよね。
やっぱりフランス車はドイツ車なんかよりずっといいわ。
#5 匿名さん2018/03/25(Sun)23:03:30ID:U4NmUzMjzM
3
プジョー自社内でのデザインだと
#6 匿名さん2018/03/30(Fri)23:13:24ID:MwNDkyMzjM
アメ車っぽい
#7 匿名さん2018/04/02(Mon)14:42:03ID:E1ODY0YzzM
5ドアリフトバック
#8 匿名さん2018/04/02(Mon)22:55:23ID:E5MjdmMmDY
ライオン

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/12/23)

プジョー・508、508SWがマイナーモデルチェンジ、後期型はフロントグリル一新

プジョー508、508SWが後期型へモデルチェンジ、フロントは新デザインを採用

プジョーは508シリーズのマイナーモデルチェンジを2015年1月10日に実施する計画となっている。

(写真は新型508SW、パリモーターショー2014)
508SW 新型

2011年の発売から3年半が経過する508シリーズは、今回のマイナーモデルチェンジでセダンの508、ステーションワゴンの508SWともに後期モデルへ移行することになる。特にフロントデザインはしっかりフェイスアップされ、印象を大きく変えてきている。

508SW フロントグリル 508SW リアコンビネーションランプ

グリルデザインは前期型では大きく口の開いたシングルフレームグリルが特徴的であったが、後期型ではグリルフレームは小さくなりバンパーラインより上部に収まる。エンブレム位置はボンネット先端からグリル内の真ん中へと移動している。LEDヘッドランプも新たなものが採用される。

508SW リアハッチバックドア 508SW サイド

リアビューもリアコンビネーションランプやバンパーが新しくなり、上品なイメージを強めている。
508の全長は僅かに延長され、508SWと同じ4830mmとなる。

508SW インテリアデザイン

新型508、508SWのJC08モード燃費は13.6km/L、アイドリングストップを装備

日本仕様に搭載されるエンジンは1.6Lの直噴ガソリンターボでアイドリングストップシステムを装備する。6速ATのトランスミッションも刷新を受け、ハイギアード化されており、燃費性能の向上に貢献している。JC08モード燃費は508、508SWともに13.6km/Lとなった。

(写真は新型508)
508 セダン プジョー新型508
標準グレードのアリュールと上級グレードのグリフが508、508SWそれぞれに用意される。価格は508 アリュールが365万円、508 グリフが425万円、508SW アリュールが390万円、508SW グリフが453万円に設定される。

過去記事(2012/03/20)

プジョー・508/508SWの評価レポート

508から新デザインのプジョー顔

プジョーの新型Dセグメントカー、508と508SWが、昨年の2011年6月から発売されている。
この508から、新しいプジョー顔が導入されている。これまでの鋭い吊り目が少し大人しくなり、グリルの口の開きもファニーで落ち着いた雰囲気になった。
決して若者ではない日本での購入年齢層を考えると、スッキリと落ち着いた印象になったプジョーを歓迎するファンも多いのではないか。ただ、これまでのプジョー顔のような、インパクトの強いものではなくなってしまったのは少し残念だ。
内装デザインも派手さよりも上質を求める方向で進化し、プレミアムカー並のステイタス感がそこにはある。
508SW

508/508SW、パワートレーンは1.6Lターボ+アイシン6AT

508、508SWに採用されているエンジンは、1.6Lにツインスクロールターボチャージャが装備されたものになる。現在、日本で販売されているプジョー車は、NAとターボの違いはあれど、全て1.6Lエンジンの採用となっている。Cセグメントコンパクトカーの207と共通になる1.6Lエンジンで、車両重量1.5tを超える508、508SWを満足に走らせることができるのか?これは誰もが思う疑問だろう。しかし、動力性能に関する評価はむしろ高いほうで、フランス車は燃費、加速性能ともに、ようやく一昔前のドイツ車に並んだと言える。

トランスミッションはアイシンAW製の6速ATを採用。これも一昔前のドイツ車によく使われたタイプと同系列のトランスミッションとなる。日本メーカー製ということで、トラブルの元だった欧州メーカー製のオートマチックトランスミッションよりも安心感がある。しかし、ゴルフⅤの初期モデルに採用されたアイシンAW製6速ATに、不具合が多かったことは忘れてはいない。信頼性が高いと言われる日本メーカー製トランスミッションだが、欧州車に載せた途端にトラブルを多発するという例は、この他にもよくある。ちなみに、この508、508SWに採用されているアイシンAW製6速ATは、第二世代と呼ばれている新型のものなので、過去の不具合とは無縁であることを期待したい。
プジョー508
新型の508、508SWの乗り心地は総じて良いという評価が多いが、いわゆる猫足と呼ばれる柔らかさを感じるものではないようだ。明らかにドイツ車を意識した、硬さの残る足回りにセッティングしてある。
508SWで前席のみ乗車の場合は、リアがバタつく場面を指摘する声もある。ただしこれは、ステーションワゴンという特性を考えてのこと。後席に乗客がいる場合や、広いラゲッジに荷物を乗せている場合で、ベストなバランスになるように、調整されていると考えていいだろう。
プジョー508SW
価格は、セダンの508は、アリュールが374万円から、グリフが414万円から。
ステーションワゴンの508SWは、アリュールが394万円から、グリフが437万円から。
特にアリュールが300万円台なのは、ちょっとした上級車が欲しいユーザーにとって、現実的な選択肢となるはず。
さらに、508SWはパノラミックガラスルーフが標準装備されているのも購買欲がそそられる要素。
フランス車独特のプレミアム感と装備の充実さ、この値段ならコストパフォーマンスは高く感じる。