新型【レクサスRX】フルモデルチェンジいつ?2022年6月1日オンライン発表会動画、秋以降の発売日を待つべきか【最新情報】次期型リーク画像

RX
new-rx

新型RX450h+

レクサスRXシリーズのフルモデルチェンジが2022年6月1日に発表された。約7年ぶりのフルモデルチェンジとなり、通算5代目モデルとなる。日本発売は2022年秋が予定されている。

新型RXシリーズは、パワートレイン別に4つのモデルが発表された。

  • まずはエントリーモデルとして「RX350」が設定され、トルクフルでダイナミックな走りを実現する「2.4L-T AWD/FF」を搭載。ダウンサイジングターボ採用による、唯一のコンベンショナルエンジン車となる。
  • 販売の主力となりそうなのが「RX350h」で、低燃費と気持ちの良い走りを実現する「2.5L HEV E-Four/FF」が搭載される。
  • プラグインハイブリッド車としては「RX450h+」が用意され、クラストップレベルのEV航続距離と力強い加速性能を実現する「2.5L PHEV E-Four」が搭載される。
  • そして、最上級の「RX500h」では、電動化技術による新たなドライビング体験を実現する新開発ハイブリッドパワートレインとして「2.4L-T HEV DIRECT4」が搭載される。

(オンライン発表会動画)

The New RX オンライン発表会

rexus-rx-004 rexus-rx-003 rexus-rx-002 rexus-rx-001 rexus-rx-125 rexus-rx-124 rexus-rx-123 rexus-rx-122 rexus-rx-121 rexus-rx-120 rexus-rx-119 rexus-rx-118 rexus-rx-117 rexus-rx-116 rexus-rx-115 rexus-rx-114 rexus-rx-151 rexus-rx-150 rexus-rx-149 rexus-rx-148 rexus-rx-147 rexus-rx-146 rexus-rx-145 rexus-rx-144 rexus-rx-143 rexus-rx-142 rexus-rx-141 rexus-rx-140 rexus-rx-139 rexus-rx-138 rexus-rx-137 rexus-rx-136 rexus-rx-135 rexus-rx-134 rexus-rx-133 rexus-rx-132 rexus-rx-131 rexus-rx-130 rexus-rx-129 rexus-rx-128 rexus-rx-127 rexus-rx-126 rexus-rx-113 rexus-rx-112 rexus-rx-111 rexus-rx-110 rexus-rx-109 rexus-rx-108 rexus-rx-107 rexus-rx-106 rexus-rx-105 rexus-rx-104 rexus-rx-103 rexus-rx-102 rexus-rx-101 rexus-rx-100 rexus-rx-099 rexus-rx-098 rexus-rx-097 rexus-rx-096 rexus-rx-095 rexus-rx-094 rexus-rx-093 rexus-rx-092 rexus-rx-091 rexus-rx-090 rexus-rx-089 rexus-rx-088 rexus-rx-087 rexus-rx-086 rexus-rx-085 rexus-rx-084 rexus-rx-083 rexus-rx-082 rexus-rx-081 rexus-rx-080 rexus-rx-079 rexus-rx-078 rexus-rx-077 rexus-rx-076 rexus-rx-075 rexus-rx-074 rexus-rx-073 rexus-rx-072 rexus-rx-071 rexus-rx-070 rexus-rx-069 rexus-rx-068 rexus-rx-067 rexus-rx-066 rexus-rx-065 rexus-rx-064 rexus-rx-063 rexus-rx-062 rexus-rx-061 rexus-rx-060 rexus-rx-059 rexus-rx-058 rexus-rx-057 rexus-rx-056 rexus-rx-055 rexus-rx-054 rexus-rx-053 rexus-rx-052 rexus-rx-051 rexus-rx-050 rexus-rx-049 rexus-rx-048 rexus-rx-047 rexus-rx-046 rexus-rx-045 rexus-rx-044 rexus-rx-043 rexus-rx-042 rexus-rx-041 rexus-rx-040 rexus-rx-039 rexus-rx-038 rexus-rx-037 rexus-rx-036 rexus-rx-035 rexus-rx-034 rexus-rx-033 rexus-rx-032 rexus-rx-031 rexus-rx-030 rexus-rx-029 rexus-rx-028 rexus-rx-027 rexus-rx-026 rexus-rx-025 rexus-rx-024 rexus-rx-023 rexus-rx-022 rexus-rx-021 rexus-rx-020 rexus-rx-019 rexus-rx-018 rexus-rx-017 rexus-rx-016 rexus-rx-015 rexus-rx-014 rexus-rx-013 rexus-rx-012 rexus-rx-011 rexus-rx-010 rexus-rx-009 rexus-rx-008 rexus-rx-007 rexus-rx-006 rexus-rx-005

歴代RXシリーズの伝統でもあったV6エンジン搭載モデルが新型では廃止された

レクサスRXシリーズは、XU10型の初代モデルが1998年に登場。日本ではトヨタ・ハリアーのモデルネームで一足早く1997年12月に発売となっていた。新型RXへのフルモデルチェンジの時期は、ちょうど誕生から25周年を迎えるタイミングとなる。

この初代モデルに搭載されたのが、1MZ-FE型のV型6気筒3.0Lエンジンで、以降もV6エンジンが進化を遂げながら採用されてきた。ただし、新型RXのエンジンラインナップは全て直列4気筒エンジンとなる見込みとなっている。

RX 2代目モデルは、V6継承でプレミアムイメージを確立

次に、2003年にフルモデルチェンジ発売された二代目モデル(XU30型)も、日本ではハリアーとして販売された。搭載されるエンジンは、V6 3.3Lの3MZ-FE型、後にV6 3.5Lの2GR-FE型に刷新され、やはりV型6気筒エンジンにこだわり、プレミアムSUVらしい仕様が継続された。

ハリアーハイブリッド

この2代目モデルからは、北米での人気の高さを受けて、途中で現地生産が開始され、このことは後に、RXシリーズと日本仕様ハリアーが全く別車種の道を歩むことになる理由の一つになっていたかもしれない。

RX 3代目モデルは、ハリアーから独立し、完全な別車種に

2009年にフルモデルチェンジ発売された3代目RXシリーズ(AL10型)は、日本向けにもレクサスブランドから新型RXシリーズとして販売された。一方でトヨタのハリアーは、販売が継続され、実質的に新旧モデルが併売される体制が続き、さらに2013年にはRXシリーズとは決別し、国内専用車としてフルモデルチェンジされた。

RX350

RX350 中国仕様

また、RX270として1AR-FE型の2.7Lエンジンを搭載する4気筒モデルが用意されたのも本モデルからで、プレミアムセグメントにおいても環境性能に優れた小排気量モデルが用意された。

それでも最上級のRX450hでは、V6 3.5L ハイブリッドの2GR-FXE型を搭載し、環境性能とプレミアムイメージ、出力パフォーマンスの全てを満足させるグレードが用意されている。

RX 従来型4代目モデルから、ダウンサイジングターボエンジン搭載、しかしV6は継続

RX450h

そして、RXシリーズは2015年にフルモデルチェンジされ、従来型の4代目(AL20型)となった。フロントデザインは現行レクサスのファミリーフェイスとしても浸透した、シングルフレームタイプのスピンドルグリルが採用された。

V6 3.5Lハイブリッドを搭載するRX450hは、2GR-FXS型の採用となり、環境性能、出力パフォーマンスともに進化を遂げた。

さらに、同ハイブリッドシステム搭載車は、3列シートロングボディのRX450hLも用意された。

RX450hL ジュネーブモーターショー2018

一方で、4気筒モデルは、ダウンサイジングターボエンジンを搭載。RX200tと、後のRX300では、直4 2.0Lターボの8AR-FTS型を搭載し、小排気量ながらもラインアップの中でも存在感が示された。

2019年にはマイナーモデルチェンジを受けて後期型に切り替わっている。

RXだけではない、レクサスSUVが続々新型にフルモデルチェンジ

そんななか、レクサスのクロスオーバーSUV群では、新世代モデルへの切り替えが活発となっている。

レクサス新型LX 007

新型LX600

2021年はNXシリーズのフルモデルチェンジが実施され、GA-Kプラットフォームの採用で基本性能を向上させている。また、PHEVモデルのNX450h+をラインアップさせることで電動化イメージも強めている。その後、2022年になってからは、フラグシップSUVのLXシリーズがフルモデルチェンジを受けて日本発売となった。

LEXUS RX Black Tourer リアコンビネーションランプ

従来型 LEXUS RX 特別仕様車 Black Tourer

RXシリーズにおいては、2021年に特別仕様車の発売があったものの、年次改良、一部改良は実施されなかった。これまでフルモデルチェンジを控えての販売体制が整えられてきた。

次期RXは、新型NXと共通プラットフォームとなるGA-Kを採用

レクサスのクロスオーバーSUVは、小さい方からUX、NX、RX、LXとラインアップされている。最小のUXシリーズはGA-Cを採用し、トヨタブランドのC-HRやカローラクロスのほかプリウスなどとプラットフォーム共用の関係にある。

また新型NXシリーズは、GA-Kの採用となり、ESシリーズのほか、トヨタのRAV4やハリアーなどとプラットフォーム共用される。

さらに新型LXシリーズは、新型ランドクルーザー300系と共通となるGA-Fプラットフォームが採用された。

NX450h+

新型NX450h+

こういったなか、RXシリーズは、新型NXシリーズと共通のGA-Kプラットフォームをベースに開発が進められてきた。

タイトルとURLをコピーしました