car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プジョーが新型308SWを発表、3気筒1.2Lターボ搭載、日本発売が待望される

新型308SW市販モデルがジュネーブモーターショー2014で初公開

プジョーはジュネーブモーターショー2014で308SWをワールドプレミアした。

308SW プジョー ジュネーブ2014

今回のジュネーブモーターショーでは欧州カー・オブ・ザ・イヤーとしてプジョー・308が受賞した。308は昨年2013年にフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたばかりの新型のCセグメント5ドアハッチバックカーであるが、308SWは名前の通り、この308の車体をベースに開発されたステーションワゴン車となる。

プジョー新型308SW プジョー 308SW ジュネーブモーターショー2014

308SWに搭載されるガソリンエンジンは3気筒1.2Lターボ、先代比140kgの軽量化

新型308SWはベース車の308からホイールベースで+110mm、さらにリアオーバーハングは+220mm伸ばされることで、全長では330mmのストレッチを受けた。そのボディサイズは全長4585mm×全幅1804mm×全高1471mmとなり、ラゲッジ容量は610Lを誇る。

プジョーシトロエンの新世代モジュラーEMP2を採用しているところは308との共通点。ハッチバックモデルと同様に前作から140kgもの軽量化を達成している。

308SW プジョー ワールドプレミア

プジョー308SWのパワートレインは、ガソリンとディーゼル両方のエンジンが用意される。まず、日本導入ということで見れば130hpを発生する1.2L 3気筒 直噴ガソリンターボのe-THPエンジンが重要となってくるだろう。308SWは全長方向だけで見れば、1.8Lエンジンからラインアップするホンダのストリームに近い車体サイズとなる。これを1.2Lのダウンサイジングターボエンジンで引っ張るところが欧州車の面白いところでもある。

308SW プジョー ジュネーブモーターショー発表

この他ディーゼルエンジンとして、BlueHDi 180とBlueHDi 150がラインアップされる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント