次期ビート2014年発売、EVスターのエクステリアデザインをそのまま採用

ホンダ軽自動車ビート後継は、EVスターのエクステリアを採用

先月のレポートで、次期ビートの発売が2014年になるとお伝えした。これはホンダの伊東孝紳社長自らの発表によるもので、これで軽自動車ビート後継モデルの発売が確定したことになる。
そして、これまで次期ビートのエクステリアについては、コンセプトカーのEVスターをベースに再デザインされると考えられていた。しかし、これはEVスターのエクステリアデザインそのものが次期ビートとして採用されることになりそうだ。
もちろん保安要件や軽自動車規格を満たすための修正は行われる。東京モーターショー出展時のEVスターは全長3570mm×全幅1500mm×全高1100mmであった。これを軽自動車規格に収めるために、全長で-175mm、全幅で-25mmの縮小をしてくるだろう。
次期ビート EV-STER

ビート後継車は新型3気筒ターボエンジンを採用予定

次期ビートの動力源については、EV(電気自動車)としての市販化はキャンセルされ、次期ライフから搭載される新型3気筒ターボエンジンが搭載される見込み。すなわち通常のガソリンエンジン車ということになるが、エネルギー回生システムを盛り込んでくる可能性が高いと考えられる。
エネルギー回生システムは、軽自動車ではスズキが2012年9月発売の新型ワゴンRでいち早く取り入れた技術であり、燃費性能の向上に大きく貢献した。
電動ルーフはハードトップながらも樹脂製となることが想定されており、軽量ボディも期待できるだろう。
HONDA BEAT 2014
また、車両推定価格は170万円程度からとされ、主力グレードでも200万円以下で購入できる軽スポーツカーになりそうだ。軽自動車ということを考えれば少々高いが、維持費が安く済むのはメリット。アクセルを思いっきり踏み込める軽スポーツカーを待ち望む声は大きい。
ホンダ ビート 2014
写真はパリモーターショー2012のホンダブースで出展されたEVスター。市販車は軽自動車ということもあり日本市場がメイン。あくまでEVスポーツカーとしての提案だろう。今回のパリ出展により、欧州販売の可能性もあるのか?

関連するレポート

[ 2012/10/25 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.