car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アバルト124スパイダーの発売は2016年9月、フィアット版は見送りか

124スパイダーは広島生産の国産車として日本発売される

アバルト124スパイダーが2016年9月に日本発売される見込みとなっている。

(写真はアバルト124スパイダー)
ABARTH 124 スパイダー

2015年にフルモデルチェンジしたマツダ・ロードスターは、別エクステリアのフィアット124スパイダーが姉妹車種として設定される。さらに124スパイダーは、アバルトブランドでもラインアップされ、その車体は2016年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされていた。

アバルト124スパイダー ジュネーブ アバルト 124 スパイダー リアコンビネーションランプ

アバルト124スパイダーは最高出力170ps、マルチエアターボエンジン搭載

アバルト124スパイダーに搭載されるエンジンは直4 1.4L マルチエアターボエンジンで、そのスペックは最高出力170ps、最大トルク25.5kgmとなる見込み。マツダ・ロードスターはSKYACTIV 1.5搭載モデルが131ps/15.3kgm、SKYACTIV 2.0を搭載する米国仕様は155hp(157ps)/148 lb-ft(20.5kgm)である。これらと比較するとアバルト124スパイダーがパフォーマンス面において優位にあることがよくわかる。

アバルト124スパイダー マルチエアターボ1.4L アバルト124スパイダー インテリア

通常フィアット版の124スパイダーについてはひとまず日本導入が見送られるようで、高性能版であるアバルトのみが先行して日本発売される。

(写真はフィアット124スパイダー)
フィアット124スパイダー

なお124スパイダーは、マルチエアターボエンジンが日本に輸入されロードスターと同じ広島の事業所にて完成車体の最終組立が行われる。アバルトエンブレムが着けられたモデルについてもここからデリバリーされる見込みとなっており、国産車という位置づけとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント