car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アバルト124スパイダーが正式発表、マツダ生産で2016年10月8日発売

アバルト124スパイダー10月発売、1.4Lマルチエアターボ搭載170ps

アバルト124スパイダーはマツダ・ロードスターをベースにした姉妹モデルである。その日本仕様の発売日が2016年10月8日になることが公式に発表された。

(写真はAbarth 124 spider、ジュネーブモーターショー2016)
ABARTH 124 スパイダー

アバルト124スパイダーはマツダ・ロードスターと多くの部分を共有し、エクステリアは専用設計となっている。生産はマツダの本社工場で行われ、欧州ブランド車でありながらも国産車という位置付けになる。

アバルト124スパイダー

アバルト124スパイダーは6MTモデルが388万8000円、6ATモデルが399万6000円から

アバルト124スパイダーの主要な専用部分としては、エクステリアのほかエンジンが挙げられる。搭載されるのは直4 1.4Lのマルチエアターボエンジンとなる。これはアルファロメオ・ジュリエッタなどフィアットグループの車種では既にお馴染みとなっているユニットであり、チューニング違いでいくらかのタイプが存在する。アバルト124スパイダーには、これらのうち最も高出力版である最高出力170ps、最大トルク250Nmのものが採用される。0→100km/h加速として6.8秒を公表している。

アバルト124スパイダー 発売 アバルト124スパイダー マツダ生産

トランスミッションは6MTと6ATが用意される。変速比および最終減速比をロードスターのものと比較するとエンジンが異なるため専用仕様となっていることがわかる。ただし、6ATの変速比については1~6速、後退に至るまでロードスターと同じ数値であり、おそらくアバルト124スパイダーでも同じユニットが使われていることが推測される。

ABARTH 124 SPIDER

JC08モード燃費は、6MTが13.8km/L、6ATが12.0km/Lとなっており、このあたりはロードスターと比較してアバルト124スパイダーでは大幅に劣る。

アバルト124スパイダー マルチエアターボ1.4L

アバルト124スパイダーの消費税込み車両価格は6MT車が388万8000円、6AT車が399万6000円に設定される。

#1 匿名さん2018/06/17(Sun)09:29:29ID:JhNzUyNmTO
これは国産車?ヨーロッパ車?
どっちなんだ?
#2 匿名さん2018/06/17(Sun)09:39:10ID:c0NTJkOTTM
#1
「日本自動車販売協会連合会」が毎月発表する「新車販売台数」において
アバルト124スパイダーは「国産車」にカウントされている。
広島の「宇品第1工場」で作られてるんだから、あたりまえと言えばあたりまえ。
個人的には「欧州ブランドのクルマ」という認識。
#3 華僑院 護吉2018/06/17(Sun)09:47:11ID:Q4ZDJjNmDY
エンジンルームはサソリが立派に自己主張しています
#4 匿名さん2018/06/17(Sun)20:48:30ID:JhNzUyNmTO
たぶん日本で作ってるから一番故障の少ないイタリア車だと思うw
#5 匿名さん2018/06/21(Thu)20:39:02ID:djZjc4Y2zY
世界的に大衆スポーツカーは売れない時代
FRのプラットフォームを新規に作るよりマツダから購入したほうが低コスト
グローバル化がよかったのか

名前(任意)
コメント