car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フェラーリ458スペチアーレA、605ps V8搭載、パリモーターショー2014画像

フェラーリが458スペチアーレAを公開、高出力型4.5L V8エンジンを搭載

フェラーリが先月開催されたパリモーターショー2014で公開したフェラーリ458スペチアーレAを紹介しよう。

フェラーリ458スペチアーレA

フェラーリ458スペチアーレAは、クローズドトップのクーペモデルである458スペチアーレのオープンルーフ仕様となる。AはApertaのイニシャルでオープンを意味する。

458スペチアーレA フロント 458スペチアーレA リアコンビネーションランプ

既にフェラーリは458スパイダーとして、4.5L V8エンジン搭載のオープンカーをラインアップしているが、このフェラーリ458スペチアーレAはハイパフォーマンスモデルの458スペチアーレのパワートレインを引き継ぎながらルーフがオープン化されたモデルとなる。

フェラーリ458スペチアーレA コックピット フェラーリ458スペチアーレA リア

その4.5L V8エンジンのスペックは、最高出力が605ps、最大トルクが55.1kgmとなり、通常モデル458スパイダーの最高出力570psから+35psのパフォーマンスアップを受けている。

458スペチアーレA エンジン フェラーリ V8 4.5L

また、リトラクタブルハードトップはアルミニウム製となっており、開閉時間は14秒と公表された。

458スペチアーレAの加速性能は0-100km/hが3.0秒、499台の限定生産モデル

458スペチアーレAはクローズドトップの458スペチアーレより約50kgの重量増となるため加速性能はやや劣る。それでも0-100km/hが3.0秒、0-200km/hが9.5秒と驚異的。458スパイダーの0-100km/h加速3.4秒未満から大幅にタイムを縮めている。

フェラーリ 458 スペチアーレA パリモーターショー2014

市販価格は未発表であるが、チャリティオークションにかけられた量産第一号モデルが90万ドル(日本円換算約1億円)で落札されたのもニュースとなった。生産台数としては499台の限定数が計画されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント