C-HR次期型はEVなのか、「bZ COMPACT SUV」が実質的後継モデルの可能性

C-HR

C-HRは2016年に発売されたTNGA(GA-C)プラットフォーム採用のクロスオーバーSUVモデル。2022年から、プリウスを皮切りにGA-C車種がフルモデルチェンジされていく動きがある。

C-HR ワールドプレミア

そんななか、現在セールスが落ち込んでいるC-HRにフルモデルチェンジが実施されるのかどうかは不透明な要素が多い。

一方で、トヨタからは、C-HRとボディスタイルが近いEVコンセプトが発表されていた。

C-HRの実質的後継EVか、「bZ COMPACT SUV」

トヨタ BEV ラインアップ 2021

トヨタは2021年12月に、16種類のバッテリーEVのコンセプトカーを一挙に公開した。なかでも最前列に置かれた5台は「bZシリーズ」と呼ばれ、市販化がより具体化されているモデル群となる。

bZ4X GR SPORT CONCEPT 002

bZ4X GR SPORT CONCEPT 東京オートサロン2022

特に画面左端のSUVモデルはbZ4Xコンセプトである。2022年年央の発売が予告されており、既に市販型プロトタイプの車体、スペック概要が公開されているほか、東京オートサロン2022では早くもカスタマイズモデルが出展されるに至っている。

bZ コンパクト SUV

bZ COMPACT SUV

そして、bZ4Xの隣に置かれているのが「bZ COMPACT SUV」と呼ばれているモデル。C-HRの後継車としても相応しいクーペSUVのボディスタイルが特徴となっている。

トヨタがこれまで公表してきたBEVの発売時期は、2025年までに15車種で、このうち7車種がbZシリーズとしてきた。また、2030年までには、30車種のEV発売を予告している。

bZ COMPACT SUV

bZ COMPACT SUV

こういったトヨタのEV投入スケジュールを考慮すると、bZ COMPACT SUVの発売時期は、早ければ2023年が予想される。

しかし、2023年頃の段階でバッテリーEVの新型クーペSUVが出されたとして、従来のC-HRに匹敵する販売規模になるだろうか。

C-HR

C-HRの年間販売台数は、2021年は18,096台にまで落ち込んだものの、発売直後の2017年は117,299台という大きな実績を残していた。

「bZ COMPACT SUV」市販型は高確率で発売されるだろう。加えて、「2代目 C-HR」が、ガソリンまたはハイブリッドエンジンを搭載し発売されることも、販売実績の面からは当然の流れと考える。

タイトルとURLをコピーしました