新型【WR-V】日本発売いつ?2024年3月22日を予告、車両本体価格209.88万円より、先行予約受付中、インド生産SUVを輸入販売、1.5L NA/FF/CVT/レバー式パーキングブレーキ【エレベート国内商標登録は拒絶】東京オートサロン2024出品期待【ホンダ最新情報】祝 正式発表 スパイショット リーク画像のご提供ありがとうございました

WR-V

wr-v-004

ホンダは新型SUV「WR-V(ダブリューアールブイ)」を2024年3月22日に発売する。先行予約は既にスタートしている。

新型WR-Vの消費税込み車両本体価格は2,098,800円からとなる。ボディサイズが近いヴェゼルよりもエントリー価格は約30万円抑えられた。月間3000台の販売が計画されている。

wr-v-002

新型WR-Vは、3つのグレード「X」「Z」「Z+」が設定される。

グレード 乗車定員 エンジン トランスミッション 駆動方式 消費税10%込み価格(円)
X 5名 1.5L
DOHC
i-VTEC
無段変速
オートマチック
(トルクコンバーター付)
FF 2,098,800
Z 2,349,600
Z+ 2,489,300

ボディサイズは全長4325×全幅1790×全高1650mmで、ホイールベースは2650mm。全長と全幅に関しては、ヴェゼルと大差無い。しかし、全高が+60~70mm、ホイールベースは+40mmとなっており、後席居住性やラゲッジスペースで余裕が与えられている。

wr-v-trank

ヴェゼルのエントリー価格は、現段階でも約30万円高い。さらに、ヴェゼルはマイナーチェンジを控えており、近々、価格帯が上がることが見込まれている。ホンダのエントリーSUVとしてのポジションは、新型WR-Vに引き継がれることになるだろう。

wr-v-005

また、日本生産は行われず、ホンダの国内ラインアップにおいては初めてインドで生産された輸入車となる。生産国インドではエレベートのモデルネームで既に販売されている。

wr-v-003

パワートレインは1.5L ガソリンNAエンジンとCVTの組み合わせとなる。インド仕様では、トランスミッションとして6MT/CVTが選択可能であったから、今後6MTの国内導入があれば、盛り上がるかもしれない。また、4WDの設定は無いようだ。

wr-v-interior

インテリアは、昨今の新型車としては非常にシンプルな印象を受ける。パーキングブレーキにはハンドブレーキが採用されており、このあたりもヴェゼルとの装備面での大きな違いとなる。WR-Vの「Honda SENSING」は、車線維持支援システムも含まれるが、アダプティブクルーズコントロールは停止保持機能などが付かないことが見込まれ、ヴェゼルに対して動作は限定的となるだろう。

wr-v-seat

今後、グローバル向けには、2026年までのBEV仕様の発売が予告されており、販売地域に日本も含まれることが期待される。

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型WR-V テストカー目撃情報相次ぐ

wr-v-elevate-spyshot

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@DBA__V36 様)

新型WR-Vは、2023年10月の段階でも、フル擬装のテストカーを使った国内での走行試験が行われ、目撃情報が多数報告されていた。

wr-v-elevate-spyshot-03

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@norimenman 様)

テストカーはいくらかのバリエーションがあるようで、最近報告が増えているのがルーフレール装備車である。

elevate-spyshot34

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@urbannext21 様)

wr-v-elevate-spyshot-02

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@norimenman 様)

パワートレインは将来的にBEVの計画が発表されているものの、当面はコンベンショナルガソリンエンジンのみのラインアップとなることが予想される。

新型「WR-V」の<まとめ>と<追加画像>は、次のページ

国内向けWR-Vは、インドネシアモデルとは別車種

モデルネーム「WR-V」は、これまでインドネシアなど東南アジアを中心に導入されてきたコンパクトSUVに使われてきたが、これは「エレベート」より一回り小さい全く別の車種である。

wr-v

インドネシア WR-V

日本国特許庁での商標登録の状況は、「WR-V」が2016年に登録済み。そして、「HONDA ELEVATE」についても登録の手続きが進められてきたが、2023年5月16日の段階で、商標登録を拒絶する旨の結論が出されている。

(拒絶理由通知書 (商標出願2022-114151) より抜粋)

結 論

 この商標登録出願については、商標法第15条の規定に基づき、商標登録をすることができません。

その後も「エレベート」の商標登録についての問題を解決する動きが見られず、「WR-V」が国内向けモデルネームとして採用された。ホンダのグローバルラインアップでは、販売地域により車種とモデルネームが一致しないケースが多かった。現行モデルにおいても、ZR-V日本仕様と同じタイプの車種は、米国ではHR-Vのモデルネームで販売されるなどがあり、今回も同様のケースとなる。

新型「WR-V」の<まとめ>と<追加画像>は、次のページ

新型WR-Vは国内ニーズを満たす安全運転支援システムを装備か

新型WR-Vとしての日本販売が予想されるエレベートは、2023年6月に生産国のインドでワールドプレミアを迎えたが、そのインド仕様と日本でのテストカーには若干の違いが確認される。

elevate-aq1

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@gammy_417 様)

新型WR-Vとして販売されるであろう日本のテストカーにはパーキングセンサーが装備されているのが確認でき、この部分だけ擬装シールがくり抜かれている。しかし、インド仕様にはこのセンサーの存在が確認されていない。日本では後退時車両直後確認装置の装着が義務化されたが、これに対応したものと考えられる。さらに、日本仕様のテストカーにはフロントグリル内の両サイドにも擬装シールのくり抜きが確認される。

elevate-spyshots-wheel

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@gagantosu 様)

このような微細な違いはあるものの、例えば全幅縮小版といった日本独自の設計変更は施されないことが予想される。

新型エレベートのインド仕様のボディサイズは全長4,312mm×全幅1,790mm×全高1,650mmとなる。これは、日本での同クラスSUVと比べると、全幅がやや大きめである。

vezel-13

従来型ヴェゼル

ボディサイズは、ヴェゼルとかなり近いが、全高については新型エレベートが60~70mm高い。ラゲッジ容量は、新型エレベートはスクウェアなボディ形状も相まって458Lとなり、ヴェゼルの404Lを上回っている。

elevate-aq2

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@gammy_417 様)

新しいリーク画像では、ホイール部分の擬装が解除され、そのデザインを確認することができる。先行発表されたインド仕様と同様のデザインのアルミホイールが採用されることになりそう。

elevate-spyshot-back

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@detour_nagoya 様)

生産国のインドでは、先行販売されており、10 99 900インドルピー(日本円換算約197万円)からのラインアップとなる。搭載されるエンジンは1.5L i-VTECの一種類で、トランスミッションは6MT/CVTが選択可能となる。また、4WDの設定は無いようだ。

elevate-rear

新型エレベート インド仕様

ひとまずガソリンNAエンジン車のFFのみのラインアップでスタートするインド仕様エレベートであるが、3年以内(2026年まで)にBEV仕様の追加が予告されている。

日本向けWR-Vでは、e:HEVの設定も望まれるところであるがそういった話は今のところ無い。ヴェゼルとの併売体制や、後にBEVが控えていることを考えると、国内向けのために別のパワートレインを設定するまでには至らないかもしれない。

新型「WR-V」の<まとめ>と<追加画像>は、次のページ

新型WR-V(エレベート)のボディサイズを比較

提供いただいたスパイショット画像の中には、他モデルとの比較ができるものもある。写真中央のフル擬装が施されたモデルが新型WR-V、向かって左が伴走車と思われるヴェゼル、右が一般車両のプリウスαとなる。

elevate-size

新型WR-V テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@Buszukiyarou 様)

新型WR-Vについては、インド仕様エレベートのボディサイズが公開されているわけだが、この3モデルが並んだ姿を見ると、改めてその大きさを認識することになる。

(インド仕様のボディサイズ)

  全長 (mm) 全幅 (mm) 全高 (mm) ホイールベース (mm) 最小回転半径 (m)
新型エレベート 4312 1790 1650 2650 5.2
現行ヴェゼル 4330 1790 1580-1590 2610 5.3

さらに、プリウスαの情報を追加しておくと、全長4615mm×全幅1775mm×全高1575mmとなる。

elevate-honda-16

ホンダ新型ELEVATE インド仕様

テストカーでは、フロントグリルの擬装ラッピングが一部でくり抜かれている。鮮明なこの写真からは、横ラインが交互に入れ替わる、インド仕様と同様のグリルパターンが確認できる。

crossroad

クロスロード 2010年に販売終了

新型WR-VのスクェアなSUVデザインは、2010年に販売終了となったクロスロードとコンセプトが近い。ただし、新型WR-Vは5人乗り、クロスロードは7人乗りと、シート配列については異なる。クロスロードは、販売不振により早期にカタログ落ちとなったが、近年になって中古車市場で人気が出たモデルとして有名である。新型エレベートは、このデザインコンセプトを引き継ぐモデルとしても期待される。

新型「WR-V」の<まとめ>と<追加画像>は、次のページ

新型ELEVATE(エレベート)インド発表、2023年6月

elevate-1

ホンダは、新型SUV「エレベート」を2023年6月6日に生産国のインドで発表した。新型エレベートは、ホンダが2030年までにインドで投入予定の新型プレミアムSUV 5車種のうちの先駆けとなる。

elevate-isewangan-exp

国内をテスト走行中の新型エレベート(スパイショット画像提供 匿名希望者 様)

「HONDA ELEVATE」としての日本の特許庁へのモデルネームの商標出願は拒絶された。しかし日本国内でのテスト走行の開始も確認済みで、インド生産の輸入モデル、新型WR-Vとして国内販売されることになるだろう。日本での発売は2024年前半頃が予想される。

elevate-2

新型エレベートのボディサイズは、全長4,312mm×全幅1,790mm×全高1,650mm、ホイールベースは2,650mmとなる。現行型ヴェゼルと比較すると、全長と全幅は近いものの、全高は70mm高く、ホイールベースも40mm長い。さらにスクウェアなボディ形状も相まって、居住性と積載能力で優れたモデルであることが期待される。

elevate-4

最小回転半径は新型エレベートが5.2mと、現行型ヴェゼルの5.3mを下回り、小回り性能に優れている。

elevate-3

このほか新型エレベートの仕様は、最低地上高は220mm、荷室容量はクラストップの458Lとなる。

elevate-honda-10

インテリアでは、7インチのマルチインフォメーションディスプレイが装備され、白色光と黒背景のメーター、燃料消費量、トリップメーター、外気温、Gメーター、時計などの情報が大きく表示される。ダッシュボード中央には、10.25インチのIPS液晶HD解像度のタッチスクリーン ディスプレイオーディオが搭載される。さらに、電動サンルーフの設定も準備される。

新型「エレベート」の<まとめ>と<追加画像>は、次のページ

ホンダ新型WR-V 日本でのテスト走行がスパイショット

elevate-honda-suv-001

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@tanigest 様)

新型WR-Vの日本発売は、2024年の前半頃が予想される。これまで多くのスパイショット画像のご提供をいただき、新型WR-Vの特徴を詳しく知ることができた。

伴走車のヴェゼルと並べてみると、両モデルのデイタイムライト含めたヘッドランプユニットのデザインは、かなり似ている。フロント部分では新型WR-Vの小さなエアインテークが印象的であるが、デザイン上はグリルフレームが大きく設定され、迫力あるデザインとなっている。

elevate-honda-suv-002

新型WR-Vスパイショット(画像提供 Twitter@tanigest 様)

ヴェゼルとのツーショットでは、新型WR-Vのほうが大きく見える。ただし、ここのパーキングは斜めに配列されており、手前にあるヴェゼルが遠近法で、より大きく見えている可能性はある。発表されたサイズは以下の通り。

  全長 (mm) 全幅 (mm) 全高 (mm) ホイールベース (mm) 最小回転半径 (m)
インド仕様 新型エレベート 4312 1790 1650 2650 5.2
現行ヴェゼル 4330 1790 1580-1590 2610 5.3

インド仕様 新型エレベートと現行ヴェゼルのボディサイズを比較すると、全長と全幅はほとんど変わらないが、新型エレベートの方が全高が70mm高く、ホイールベースは40mm長くなっている。新型エレベートが、より居住性が優れることになることが期待される。

elevate-rear

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@OVrkYNhdpWCJKAI 様)

こちらは、ブレーキランプが点灯した状態がスパイショットされた。バックウィンドウ上部に配置されたハイマウントストップランプと、リアコンビネーションランプは左右の縦ラインのみが点灯する。

elevate-honda-suv-02

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@tanigest 様)

リアサイドウィンドウは、ヴェゼルでは横幅が大きく、ドアハンドル部を除くリアドア幅の大部分で開閉が可能である。

vezel-13

ヴェゼル

一方で、新型WR-Vは一般的な構造が採用されており、やはり格下のモデルらしいデザインが採用されている。

elevate-honda-suv-01

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@tanigest 様)

新型WR-Vのリアサイドウィンドウが開閉できるのは、おそらくリアドア幅の前半部分のみで、後半部分にはフィックス窓のリアベンチガラスが採用されていそう。また、Cピラーがやや太いがリアクォーターガラスは採用されていないように見える。ヴェゼルと比較して、斜め後方視界が良くない可能性がある。

elevate-honda-suv-04

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@tanigest 様)

フロントショットからは、ホンダセンシングの広角カメラが確認できる。

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型WR-Vが遂に国内スパイショット、新東名120km/h区間を疾走

カモフラージュ擬装が施された新型WR-Vのテスト車両が、新東名の120km/h区間を走行中にスパイショットされた。

elevate-spyshots-09

ホンダ 新型WR-Vテスト走行 スパイショット(画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

さらに、追加でご提供いただいたスパイショット画像では、三重の仮ナンバーであることが確認され、「本田技研工業 鈴鹿製作所」を拠点としたテストカーであることが想定される。

elevate-spyshots-04

新型WR-V スパイショット 走行中 (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

ホンダが海外生産するコンパクトSUVを国内へ導入するという計画は、数年前から噂されていたが、これはインドネシアのWR-Vではないかという説もあった。今回のスパイショットにより、日本導入されるのはインド生産エレベートであることが確定的となっただろう。

elevate-spyshots-rear

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@Soraemon11M 様)

スパイショット画像からは、サイドから見たときのボンネットとフロントフェンダーの繋ぎ目が水平な一直線となっているが、これはインド生産エレベートの特徴の一つであった。インドネシアWR-Vでは段差が設けられていた。

elevate-spyshots-back-1

新型WR-V スパイショット(画像提供 Twitter@Soraemon11M 様)

後ろのナンバープレートがバックドア中央のオープナー下の窪みに付けられているのもインド生産エレベートの特徴である。インドネシアWR-Vではボトムのバンパーラインに配置されていた。

elevate-spyshots-10

新型WR-V デイタイムライトはVEZEL風 (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

フロントからの顔つきもインド生産エレベートを決定付ける要素となっており、左右ヘッドランプとフロントグリル開口部のそれぞれが離れて配置されている。

elevate-spyshots-08

新型WR-V スパイショット VEZELが追尾 (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

日本国特許庁には、商標として「HONDA ELEVATE」、呼称として「ホンダ エレベート」といった情報で出願があったが、これは拒絶された。

elevate-spyshots-02

新型WR-Vスパイショット リアコンビネーションランプは初代VEZEL風に見える (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

elevate-spyshots-03

新型WR-V スパイショット 追い越し車線を高速で走行中 (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

elevate-spyshots-06

新型WR-V スパイショット 新東名120km/h区間を疾走 (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

ドライブレコーダーの映像では、先頭を走る新型WR-Vに続き、ヴェゼルが追尾するシーンがある。その映像からは、新型WR-Vのボディサイズが、ヴェゼルより若干小さく見えるような気がする。

elevate-spyshots-05

右のダーク色のSUVは、追尾するヴェゼル (画像提供 Twitter@kyamkyamn 様)

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型エレベートのインド発表、2023年6月6日

elevate

新型 ELEVATE ティザー第3弾

ホンダは「ELEVATE(エレベート)」として、インド生産のグローバルコンパクトSUVを2023年6月6日に現地発表する見込み。日本市場での発売も期待されるモデルであるが、第3弾となる追加のティザー画像が公開された。

elevate-teaser

新型 ELEVATE ティザー第2弾

honda-elevate-02

ホンダ「All new SUV」ティザースケッチ(第1弾)

これまでのティザー画像では、スケッチによる全体像と、モデルネームのエンブレムが公開されてきた。

ティザー画像の第3弾は、真上からのショットとなり、サンルーフ付きのモデルも用意されることが判明した。

elevate-zoom

新型 ELEVATE ティザー第3弾

フロントフェイスは絶壁となっており、海外販売されてきたコンパクトセダン、ホンダ・アメイズにも近い印象を受ける。

amaze

ホンダ・アメイズ

Cピラーのリアクォーターウィンドウは装備されない。

elevate-rear

新型 ELEVATE ティザー第3弾

代わりにバックウィンドウが両サイドまで回り込んでいるが、この程度であれば、実際には両サイドに透過部分は無く、後方視界や採光を改善するものではないかもしれない。

また、ルーフレールらしき太いシルバーのラインも確認できる。

elevate-front

新型 ELEVATE ティザー第3弾

全幅方向に最も大きい部分は、フェンダーの張り出し部分であることが想定される。ここを調整することで5ナンバーサイズのナロー版が設定されることも期待したい。ただし、輸入車ということになれば販売台数はそう多くはないはずで、ナロー版の日本仕様の設定は難しそう。

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型エレベート、新型WR-Vとして日本発売も期待、インド生産計画に輸出向け割当多数

elevate-spyshot

ELEVATE開発車両(AUTO CAR INDIAによる、テスト車両のスパイショット画像もリークされていた)

新型エレベートは、世界各国で販売されるグローバルモデルとして開発された。インドで月間8000台規模の生産計画があり、同国も主力供給先ではあるが、大半が輸出向けとなる見込み。既に、日本国特許庁においても「ELEVATE」の商標がホンダによって出願されており、新たなコンパクトSUVとして輸入販売されることが期待される。

elevate-spyshot2

ELEVATE開発車両(AUTO CAR INDIA

エレベートのボディサイズは、全長4060mmのインドネシア「WR-V」以上、全長4330mmの「ヴェゼル」未満であることが予想されてきたが、ヴェゼルを僅かに下回る全長4312mmとなった。

新型「エレベート」の<まとめ>は、次のページ

新型「エレベート」、ホンダが新型SUVのティザースケッチを公開

ホンダはティザースケッチを一枚公開した。「All-New SUV」として、全く新しいSUVであることが強調された。これは、2021年にインドでの商標登録が確認されたものの、未だ商品化されていない「エレベート」である可能性がある。

honda-elevate-1

「All-New SUV」は、バンコクにあるホンダ R&D アジアパシフィックが、インド市場に向けてデザインしたもので、2023年夏のワールドプレミアが予告された。
インドだけでなく、日本発売の可能性が高いモデルとしても注目されている。

vezel-05

ティザースケッチからは、ヘッドランプユニットが「VEZEL」似であることがわかる。「ZR-V」とは印象は違う。

zr-v-016

また、ボディスタイルは、インドネシアの3列シートSUV「BR-V」のイメージと近い。ただし、「ELEVATE」は、もっとコンパクトなボディサイズであることが想定される。

br-v

BR-V(インドネシア仕様)

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

「WR-V」が国内モデルネームとして濃厚、「HONDA ELEVATE」日本国特許庁にも出願するも拒絶

ホンダは、2021年11月の時点で「ELEVATE」のモデルネームをインドで商標登録していた。新型SUVのモデルネームとして使われることが、ホンダカーズインディアの発表に明らかとなった。その語意からは登坂性能の高さをイメージさせ、SUVモデルの呼称として相応しいものと考えられる。また、「ELEVATE」は、インドネシア先行導入の3列シートSUV「BR-V」の、インド車名として使われるという説もあった。

honda-elevate-trademark-india

一方で、日本市場向けには、予てよりホンダの次世代小型SUVの導入計画が噂されてきたが、これはインド生産のモデルを輸入し、国内販売するというものであった。

その後、「ELEVATE」のモデルネームは、2022年10月4日付けで、日本国特許庁にも商標出願された。商標登録されたものの発売されないケースは良くあることで、これだけで日本発売が決まったことにはならない。それでも、「ELEVATE」日本発売に向けて、前進したことには違いない。その後、「ELEVATE」の国内商標登録は拒絶されており、「WR-V」のモデルネームが使われる可能性が高い。

honda-elevate-trademark-japan

「HONDA ELEVATE」が日本国特許庁で商標出願

ホンダがアジア地域の工場で生産し、国内で輸入販売するモデルは、タイ生産のアコードのほか、2023年にはオデッセイが中国から輸入される見込み。インドからの小型SUVの輸入もこの一連の流れの中にありそうだ。ホンダのインドにおける四輪生産は1995年からの歴史があり、これまで「Amaze」、「City」、「Jazz」、「WR-V」といった現地での主力モデルが生産されてきた。

odyssey-04

オデッセイ中国仕様

新型「WR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型「WR-V」のボディサイズは、全長4.2m前後が予想されてきた

現行販売されるホンダの国内向け小型SUVとしては、全長4095mmのフィットクロスターがあるが、これはフィットのエクステリアタイプの一つとして認識されることが多い。

fit-cross-ehev-2_result

これよりワンサイズ上となると、全長4330mmのヴェゼルがあるが、やや大きめのサイズ感から、小型SUVのニーズを十分に満足させることができていなかった。専用設計の小型SUVモデルのラインアップが望まれるところとなっている。

wr-v

WR-V(インドネシア仕様)

一方で、ホンダは新興国向けの小型SUVとしてWR-Vを2017年より海外販売しており、2022年11月にはフルモデルチェンジを施した2代目モデル(全長4060mm)を発表していた。今回公開されたティザースケッチは、この新型WR-Vとも異なるモデルのようで、やはり、全く新しいSUVとなりそう。

honda-elevate-03

 

新型WR-V まとめ

  • 国内仕様は「WR-V」のモデルネームが使われる
  • インド生産エレベートを日本市場で輸入販売
  • 先行予約受付中
  • 2023年12月21日正式発表
  • 2024年3月22日発売予告
  • 車両本体価格は200万円台前半から
  • 全長4,312mm × 全幅1,790mm × 全高1,650mm
  • ホイールベース 2650mm
  • 最小回転半径 5.2m
  • 最低地上高 220mm
  • トランク容量 458L
  • 電動サンルーフ仕様あり
  • 7インチ インフォメーションディスプレイ
  • 10.25インチ ディスプレイオーディオ
  • 電動パーキングブレーキは装備されない(ハンドブレーキ)
  • インド仕様のパワートレインは1.5L NA + 6MT/CVT
  • 国内仕様は1.5L NA+CVTのみ
  • 2026年までにBEV仕様の追加が予告されている

新型WR-V 日本仕様 画像 2023年11月

wr-v-004 wr-v-003 wr-v-002 wr-v-005 wr-v-001 wr-v-seat wr-v-interior wr-v-2-2 wr-v-trank wr-v-rear wr-v-2

インド仕様 新型エレベート 画像 2023年6月

elevate-honda-01 elevate-honda-15 elevate-honda-16 elevate-honda-12 elevate-honda-13 elevate-honda-14 elevate-honda-10 elevate-honda-11 elevate-honda-08 elevate-honda-09 elevate-honda-05 elevate-honda-06 elevate-honda-07 elevate-honda-04 elevate-honda-02 elevate-honda-03

elevate-india elevate-4 elevate-3 elevate-2 elevate-1 elevate-lamp elevate-engine elevate-bodysize

タイトルとURLをコピーしました