car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型XC90がパリでワールドプレミア、ボルボのプレミアムSUVのFMC画像

ボルボのプレミアムSUV、XC90のフルモデルチェンジ発表

今月開催のパリモーターショー2014において、ボルボは新型XC90を公開した。

ボルボ XC90

XC90シリーズは初期型が2002年に発表され、その後数回のマイナーモデルチェンジを経ることで販売が続けられた。遂にフルモデルチェンジが実施されたということで、今回のパリサロンでは特に取材の多かった車種の一つとなった。

ボルボ XC90 フロントグリル ボルボ XC90 リアコンビネーションランプ

XC90シリーズは従来モデル日本仕様のスタート価格が677万8286円からに設定された高級SUVのカテゴリに属する車種である。今回のニューモデルについても、最新プラットフォームのSPAやハイブリッドパワートレインの採用のほか、高級感溢れる内外装が施されており、その高級SUV路線に迷いがないことが確認できる。

新型XC90はダウンサイジングを受け、ターボ&スーパーチャージャープラグインハイブリッドを設定

従来型XC90では直5 2.5L、直6 3.2L、V8 4.4Lといったエンジンラインアップであったが、これらはすべてダウンサイジングを受け、新型ではDrive-Eの4気筒エンジンが採用される。

VOLVO XC90 TWIN ENGINE ボルボ XC90 エンジン

なかでもトップグレードのT8はツインエンジンと名付けられたプラグインハイブリッドシステムを搭載する新型XC90の看板グレード。直4 2.0Lのターボ&スーパーチャージャーガソリンエンジンがメインユニットとなり前輪駆動を担当。後輪は80psのモーターが担うことになる。システムトータルの最大出力は400ps、最大トルクは65.3kgfmに及ぶ。

新型XC90 ボルボ フルモデルチェンジ

この他、通常ガソリンエンジンモデルも2タイプラインアップされ、T6グレードの最高出力が320ps、最大トルクが40.8kgfm。T5グレードは同254ps/35.7kgfmとなる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2013/10/03)

次期XC90に採用されるコンセプトクーペの新デザイン、ボルボがフランクフルト発表

コンセプトクーペはボルボが提案する次世代デザインコンセプトカー

ボルボは、先月開催のフランクフルトモーターショー2013で、『コンセプトクーペ』を初公開した。

ボルボ コンセプトクーペ 2013

このボルボ コンセプトクーペはこれまでのボルボからガラリと印象の異なるデザインが採用されたということで注目を集めた。コンセプトクーペをモチーフとした市販モデルとしては、2014年発売予定の次期XC90と具体的な車名があげられているが、XC90はスタイルの異なるSUV車種である。ゆえに、このコンセプトクーペは次世代のボルボブランド全体を象徴するモデルと考えている。

ボルボ コンセプトクーペ フランクフルトモーターショー2013 volvo concept coupe 2013

ボルボ コンセプトクーペの斬新なデザインは、エクステリアだけでなくインテリアの細部にまで拘りを見せた。レザーとメタルを中心に、シフトレバーにはクリスタルがほどこされるなど、ラグジュアリーな装いである。また、ドライバーに必要なあらゆる情報を効率よく伝えるためタッチパネルモニターが採用され、その操作性についても追求された。
ボルボ コンセプトクーペ フランクフルト2013

ボルボ コンセプトクーペには2.0L 4WD プラグインハイブリッドを搭載

VOLVO コンセプトクーペ

ボルボ コンセプトクーペのパワートレインは、新開発の2.0L 直4エンジン「Drive-E」で、これにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムとなる。北欧メーカーと言えど次世代モデルにハイブリッドを提案することは今や常識となった。ガソリンエンジンは、スーパーチャージャーとターボの2重過給体制となっておりフロント駆動を担当。リアがモーター駆動になる4WDハイブリッドで、想定されるシステム全体の最大出力は400hp前後、最大トルクが61.2kgmというV型8気筒エンジン並みのパフォーマンスが期待される。