car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルノー・メガーヌがフルモデルチェンジ、フランクフルトモーターショー画像

新型メガーヌ画像、ルノーのCのセグメントが第4世代モデルへフルモデルチェンジ

ルノー新型メガーヌがワールドプレミアを迎えた。

(写真は新型メガーヌ、フランクフルトモーターショー2015)
ルノー新型メガーヌ

メガーヌ シリーズは、1995年の初代モデル数えて今年で販売20年周年となる。フランクフルトモーターショー2015で発表された新型は通算4代目モデルとなり、ルノーの主力Cセグメントカーとしてポジショニングされることになる。

メガーヌ フロントグリル メガーヌ ルノー

新型メガーヌのエクステリアデザインはコの字型ヘッドランプが特徴となっている。ワンサイズ大きいルノー・タリスマンで採用されたこのデザインは、この新型メガーヌでも使われることになり、ルノーの新世代モデルのアイデンティティとなる。

メガーヌ インテリア メガーヌ フロントシート

新型メガーヌのボディサイズはCセグメントと呼ばれる領域内には収められたものの先代モデル比では拡大されている。

新型メガーヌ メガーヌ リアコンビネーションランプ

ホイールベースは2669mmで先代モデル比+29mm、全長は4359mmで同+64mmの延長を受けている。一方で全高は1447mmで先代モデル比で-24mmとなり、よりスポーティーな印象となった。

メガーヌ リアシート メガーヌ トランク

メガーヌGTが設定される、次期メガーヌRSはシビックTYPE-R超えが期待される

新型メガーヌに搭載されるパワーユニットは、ガソリンエンジンが最高出力100ps、130ps、205psの3タイプ、ディーゼルエンジンが最高出力90ps、110ps、130psの3タイプが用意される。

(写真は新型メガーヌGT)
メガーヌGT メガーヌ GT リアコンビネーションランプ

スポーツモデルとしてはメガーヌGTが設定され、パワートレインは最高出力205psのガソリンエンジンと7速デュアルクラッチトランスミッションが採用される。

(写真は従来型のメガーヌRS)
メガーヌRS

メガーヌRSについても後追いで新型がラインアップされることになるだろう。こちらに搭載されるエンジンは300ps超えが予想され、ホンダ・シビックTYPE-Rを凌ぐ性能となることが期待される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/07/02)

新型メガーヌ ルノー スポールが日本発売396万円、フロントデザインを刷新

メガーヌ ルノースポールに新デザインを適用、日本販売はじまる

ルノーは新型メガーヌ ルノースポールを2014年6月27日に日本発売した。

(写真はメガーヌ ルノースポール、フランクフルトモーターショー2013)
メガーヌRS

既に昨年のフランクフルトモーターショー2013にて、メガーヌ ルノースポールのニューデザインがワールドプレミアされていた。その最新モデルが日本に導入されたことになる。

ルノー メガーヌRS メガーヌ RS ヘッドライト

新しいフロントデザインは左右のヘッドライトを横長のグリルラインで連結させ、中央にルーノエンブレムを挟んだもの。

これは他の最新ルノーモデルと共通化されており、具体例を挙げればデザイン性の高さで日本のファンからも注目されているコンパクトクロスオーバーSUVのルノー新型キャプチャーと同系統のデザインルールとなる。

(写真はルノー・キャプチャー)
ルノー キャプチャー

このフロントデザインは、ルノーの最新のブランドアイデンティティとして確立されてきた。

メガーヌ RSには最高出力265psの直4ターボエンジンを搭載、環境性能を強化

メガーヌ ルノースポールに搭載されるパワートレインは、直4 2.0Lのターボエンジンに6速MTの組み合わせ。最高出力は265ps、最大トルクは36.7kgmのパフォーマンスとなる。スポーツイメージの強いモデルであるが、今回のニューモデル改変に合わせて環境性能が強化されている。ストップ&スタート機能およびエナジースマートマネジメントが標準装備となった。

ルノー メガーヌ RS リアコンビネーションランプ

また、インテリアでもレッドステッチやレッドシートベルトを新たに採用している。従来モデルのイエローを中心としたアクセントがレッドに変わることで、内装もイメージチェンジされている。

メガーヌ ルノースポール日本仕様の車両価格は396万円からとなる。