car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

投稿日:

ハイラックスが13年ぶりにラインアップに復活、今秋日本発売

トヨタ・ハイラックスの発売日が2017年9月12日に迫った。車両価格が判明しつつあり、前回レポートでお伝えしたものから少し訂正がある。グレードXが326万7000円、グレードZが374万2200円でラインアップされることになった。

(写真は新型ハイラックス欧州仕様)
ハイラックス リアコンビネーションランプ

新型としながらもグローバルでは8代目ハイラックスとして2015年から販売されるモデルである。ハイラックスは日本でも過去に導入された実績はあるが、先代型は販売されず、6代目モデル販売終了の2004年以来13年ぶりのラインアップ復活となる。

ハイラックス フロントグリル ハイラックス 荷台

なおSUVボディのハイラックスサーフは今回は導入されない。ピックアップトラック版のハイラックスのみが日本発売されるということなので誤解のないように。

ハイラックス トヨタ ハイラックス ピックアップトラック

新型ハイラックスは前回販売モデルからボディサイズを拡大、普段使いとの兼用が課題

新型ハイラックスのボディサイズは全長5335mm×全幅1855mm×全高1820mm、ホイールベース3085mm。2列シートの5人乗り仕様となる。最高出力150ps、最大トルク40.8kgfmの2.4Lディーゼルエンジンを搭載した実用的な仕様。トランスミッションは6速ATで、駆動方式は4WDのみが設定される。

ハイラックス

遊び用トラックという位置付けになるだろうが、普段使いでは大きすぎて扱いづらいか。6代目モデルのボディサイズは全長4790mm×全幅1790mm×全高1795mmであったが、これぐらいであれば遊びと普段使いで兼用しやすい。このあたりはグローバルで求められるサイズが優先されるのだろう。

#1 ぺぺめめ2017/08/18(Fri)20:29:34
アメリカンピックアップトラックとしては小さいかも。でも日本では普段使いだと使いにくいかもしれませんね。ただ最近の奇抜なトヨタデザインと違い落ち着けるデザインですから個人的にはいいデザインと思います。
#2 匿名さん2017/08/18(Fri)21:52:11
トヨタは自信持ってこういう落ち着いたデザインに統一したらかっこいいのに
#3 匿名さん2017/08/19(Sat)00:57:37
ピックアップトラックはアメ車の得意分野だからな…
中々、参入するのは大変なんだろうな…13年間の進化を示してくれ!
個人的には軽のピックアップトラックがセカンドカーに欲しいな。
#4 匿名さん2017/08/20(Sun)12:54:38
デザイン良いか……?デザインの主張が弱くて新興国の車に見えるけど……。
一度見て通り過ぎたらどんな車か思い出せないデザイン。
#5 匿名さん2017/08/20(Sun)15:54:21
ぱっとみカッコよくみえたが、シンプルデザインの良さはデカイから成立するのかもしれん
#6 匿名さん2017/08/29(Tue)22:27:10
これはタイ生産の車かな。
せっかくだからタイラックスとでも呼べばいいのに。

名前(任意)
コメント