car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型エスパス、ルノーの新型ミニバン画像、エクステリアはクロスオーバーSUV風

ルノーがエスパスをフルモデルチェンジ、ミニバンにSUVのエクステリアデザインを採用

ルノーの新型ミニバン、エスパスが先月開催されたパリモーターショー2014でワールドプレミアされた。

エスパス

ルノー・エスパスは欧州市場で販売されるモデル。1984年の初代型を祖とし30年の歴史を持つ。
これまでにエスパスシリーズが日本へ正規輸入販売された実績は無いのだが、エクステリアデザインで評価されることの多いフランス車というだけあって、今後のミニバントレンドを占うという意味では日本のユーザーも無関係ではないだろう。

エスパス フロントグリル espace ルノー

新型エスパスは、ルノー&日産が共同開発したコモンモジュールファミリーCMFを採用

この新型エスパスのエクステリアデザインは、クロスオーバーSUVのテイストが取り入れられているのが大きな特徴となっている。

エスパス リアコンビネーションランプ

一般的なミニバンは、キャビンスペースの広さと快適さに重点が置かれた設計となっており、床を低くルーフを高く設定したものが多い。

新型エスパスでは最低地上高を多めに取り、アンダーガードが装備される。全高もなるべく低く抑えられ走行安定性が重視されている。

一方でルノーと同じグループ会社の日産のラインアップに目を向けると、昨年2013年にフルモデルチェンジしたエクストレイルに3列シートを装備したグレードが用意され、多人数乗車に対応することでユーザーの裾野を拡げている。新型エスパスはエクストレイルの例とは逆に、ミニバンからクロスオーバーSUVへアプローチされたモデルとなった。

エスパス パリモーターショー2014

エスパスのボディサイズは全長4850mm×全幅1870mm×全高1680mm、ホイールベースは2880mm。日産とルノーが共同開発したコモンモジュールファミリーのCMFが採用される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2013/10/05)

ルノーが提案する次世代ミニバン、エスパス後継車のイニシアル・パリ・コンセプト

ルノーがイニシアル・パリ・コンセプトとして次世代ミニバンを発表

今回紹介するイニシアル・パリ・コンセプトは、ルノーがフランクフルトモーターショー2013で公開した車の中でも、一際強い存在感を放っている。

ルノー イニシャル パリ コンセプト

ルノーは今年、チーフデザイナーであるヴァン・デン・アッカー氏の発案で、デザインルネッサンスをテーマとした6台のコンセプトカーを続けざまに発表している。このイニシアル・パリ・コンセプトもその一つで、Wisdom(知恵)をテーマにデザインされた。

イニシャルパリコンセプト フランクフルトモーターショー2013

ルノーいわく、イニシアル・パリ・コンセプトは、人生を官能的に楽しむ人のためのラグジュアリーな新感覚ミニバンとしている。実際には、背の低いミニバンにSUV的要素のつまった新型クロスオーバーといった方が正しいかもしれない。
一方で、イニシアル・パリ・コンセプトはただのコンセプトカーではなく、ミニバン『エスパス』の後継車としてその方向性を探っている、というのが大方の見方でもある。

イニシャルパリ コンセプト 2013

イニシアル・パリ・コンセプトはエスパス後継車としての市販化が期待される

イニシアル・パリ・コンセプトに搭載されるエンジンは、1500rpmという低回転領域から最大トルク40.8kgmの90%を発生可能なdCI 130ツインターボディーゼル。1.6Lという小排気量ゆえの高い燃費性能が期待される。
車体に目を向ければ、観音開きのサイドドア、BOSEのサウンドシステム、3列目がベンチシートになっているなど興味深い仕様だ。

エスパス後継車 2013フランクフルトモーターショー

次期エスパスとしての日本導入の可能性についてはまだ何とも言えない。ただし、イニシアル・パリ・コンセプトの4850mmという全長は、トヨタ・エスティマやホンダ・オデッセイに相当するボディサイズでもあり、日本市場にもマッチするモデルとして市販化されるのではと考える。