car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダが新型クラリティFUEL CELLを2016年3月よりリース販売、その後一般発売

ホンダ・クラリティFUEL CELLはトヨタ・MIRAIの対抗モデル

東京モーターショー2015でホンダは燃料電池車のクラリティ シリーズをフルモデルチェンジさせた。

(写真は新型クラリティFUEL CELL)
クラリティFUEL CELL

新型クラリティFUEL CELLのボディサイズは全長4895mm×全幅1875mm×全高1475mmで、同じく燃料電池車のトヨタ・MIRAIに近くなっている。

ホンダ 燃料電池車 クラリティ クラリティ FUEL CELL ホンダ

近未来的なエクステリアであったMIRAIに対し、新型クラリティFUEL CELLは比較的オーソドックスなセダンスタイル。MIRAIは4人乗りであったが、新型クラリティFUEL CELLは5人乗りとなる。燃料電池車として特別な存在感を放つMIRAIであるが、あくまで普通の上級セダンを目指し開発されたのが新型クラリティFUEL CELLである。

クラリティ FUEL CELL リアコンビネーションランプ

新型クラリティFUEL CELLの航続距離は700km、MIRAIを超える

新型クラリティFUEL CELLの燃料電池スタックは、従来比で33%小型化しており、あたかもFFレイアウトのガソリンエンジンのようにフロントのフード内に収められる。また、2基の高圧水素貯蔵タンクはリアシート下とリアシートとラゲッジの間に設置。リチウムイオンバッテリーはフロントシート下へとパッケージングが工夫されている。

クラリティFUEL CELL 燃料電池スタック

性能面では、一回のフル充填あたりの航続距離を700km以上としており、約650kmのMIRAIを上回る。車両価格は766万円となり、MIRAIの723万6000円よりも高額となった。

(写真はトヨタ・MIRAI)
トヨタ MIRAI 東京モーターショー2015

新型クラリティFUEL CELLは2016年3月から官公庁および法人向けにリース販売される予定となっており、その後一般向けへの販売も計画されている。

POWER EXPORTER 9000

また、オプション品として出展されたのがPOWER EXPORTER 9000である。新型クラリティFUEL CELLに蓄えられる一般家庭7日分のエネルギーを家庭用電源に変換するユニットで、アウトドアや災害時などに活躍しそうだ。

#1 匿名さん2018/03/05(Mon)20:13:27

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/10/31)

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

東京モーターショー2015、マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキ

東京モーターショー2015が10月30日(金)~11月8日(日)の日程で開催中となっている。見逃せない主要モデルをリストアップ。

前編:マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキはこのページ
後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタはリンク先へ

マツダ

まずは西棟1Fの1・2ホールから。マツダではRX-VISIONがメインモデルとなる。RX-8後継のロータリーエンジン搭載モデルを予告するコンセプトカーということで、RX-9としての市販化が待望される。これを見るために東京モーターショーへ訪れたというファンも多いはずだ。

(写真はマツダ・RX-VISION)
マツダ RX-VISION

日産

日産ブースでは、次期ジュークコンセプトとも言われるGRIPZが主力モデルの一つとなる。他に自動運転車のIDSコンセプト、無地インテリアに映像を映し出すTEATRO for DAYZ、ゲームのCONCEPT 2020 VISION GRANTURISMOもあるが、混雑の中あまり時間を割いて見るほどの内容ではないかも。インフィニティQ30やスカイラインクーペが出展されず残念。

(写真は日産・GRIPZ)
日産GRIPZ

(写真は日産・IDSコンセプト)
IDSコンセプト

メルセデスベンツ

長い通路を通り東棟1・2・3ホールへ。メルセデスベンツが東京モーターショー向けにコンセプトカー1台をワールドプレミアさせている。

(写真はメルセデスベンツ・Vision Tokyo)
VISION TOKYO

ホンダ

お隣のホンダでは、燃料電池車CLARITY FUEL CELLの市販モデルがワールドプレミアとなる。NSX、シビックタイプRもそれぞれ市販型が日本初公開となる。

(写真はホンダ・クラリティFUEL CELL)
クラリティ燃料電池車

(写真はホンダ・NSX)
NSX 東京モーターショー2015

(写真はホンダ・シビックタイプR)
シビックタイプR

スズキ

今回のスズキはかなり意欲的。市販型ニューモデルとして、AセグメントクロスオーバーSUVのイグニス、Bセグメントハッチバックのバレーノ、BセグメントクロスオーバーSUVのエスクードを公開。ステージ上にはワールドプレミアのコンセプトカーとして3車種が飾られる。さらに5MTターボのアルトワークスも市販確定ということで見どころ満載となった。

(写真はスズキ・イグニス)
イグニス

(写真はスズキ・バレーノ)
バレーノ

(写真はスズキ・エスクード)
新型エスクード

(写真はスズキ・マイティデッキ コンセプト)
マイティデッキ コンセプト

(写真はスズキ・アルトワークス)
スズキ アルトワークス

通路を挟んで向かいの東棟3・4・5ホールへ(後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタ