car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスAMG GT 63S、最高出力639hpのファミリー向け4ドアクーペ

メルセデスAMG GT 63Sがジュネーブモーターショー2018で発表

メルセデスAMG GTシリーズに4ドアボディが追加され、ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアとなった。

(写真はメルセデスAMG GT 63 S)
メルセデスAMG GT 63

近年の欧州ブランドでは、ファストバッククーペのボディスタイルながらも4名乗車でのツーリングに対応する後席と4ドアが備わった新型車の発表が目立つ。今回のメルセデスAMG GT 63S、63、53は、ファミリー向けと説明しながらもモンスターエンジンを搭載するモデルとして注目された。

メルセデスAMG GT 63 フロントグリル メルセデスAMG GT 63 ラゲッジ

新型メルセデスAMG GT 4ドアはパナメーラの中上位モデルを意識したパフォーマンス

メルセデスAMG GT 4ドアに搭載されるパワートレインは3つが用意される。

メルセデスAMG GT 63 インテリア メルセデスAMG GT 63 エンジン

まずは最上級グレードのメルセデスAMG GT 63 Sは、V8 4.0Lガソリンツインターボエンジンを搭載。最高出力470kW(639hp)、最大トルク900Nmのモンスターユニット搭載により、0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は315km/hとなる。

メルセデスAMG GT 63 フロントシート メルセデスAMG GT 63 リアシート

次にメルセデスAMG GT 63として、同じV8 4.0Lながらも燃費性能を重視したユニットを用意。それでも最高出力430kW(585hp)、最大トルク800Nmのスペックで、0-100km/h加速3.4秒、最高速度310km/hとなる。

メルセデスAMG GT 63 リアドア

さらにハイブリッド仕様として設定されたのがメルセデスAMG GT 53。最高出力320kWの直6 3.0Lガソリンツインターボをメインユニットとし、250Nmを発生する16kWのアシストモーターが装備される。0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は285km/hを達成する。

(写真はメルセデスAMG GT 53)
メルセデスAMG GT 53 メルセデスAMG GT 53 リアコンビネーションランプ

トランスミッションは9速AT、駆動方式は4MATIC+を採用する。
メルセデスAMG GT 53 フロントグリル メルセデスAMG GT 53 バックドア

ボディタイプ的にはポルシェ・パナメーラに対抗するモデルとなる。特にメルセデスAMG GT 53は、パナメーラ 4E ハイブリッド(1436万円)とライバル関係となるはず。上位モデルでもメルセデスAMG GT 63シリーズは、パナメーラ ターボ SE ハイブリッド(2831万円)あたりのパフォーマンスが意識されているだろう。

メルセデスAMG GT 53 ジュネーブモーターショー2018

メルセデスAMG GT 53および63シリーズは、2018年秋に欧州市場で発売され、日本発売は2019年前半あたりになる見込みだ。

#1 匿名さん2018/03/16(Fri)23:51:21
最高出力639hpのファミリー向け4ドアクーペ

ジワジワくるタイトルw
#2 匿名さん2018/03/16(Fri)23:53:30
運営さん、またリンク間違ってるよ

新着コメント欄の「メルセデスAMG GT 63S」クリックしてみ?
#3 匿名さん2018/03/16(Fri)23:58:15
こんな車でファミリーとか言われても
マフィアの一家ぐらいしか想像できない…
#4 匿名さん2018/03/17(Sat)00:04:18
だよなw
#5 匿名さん2018/03/17(Sat)07:00:29
買えないけど、直6モデルがいいなぁ
ただ、個人的にはリアがファストバック過ぎるのが微妙。
#6 匿名さん2018/03/17(Sat)20:20:47
これをファミリーカー買ってきたよ!って奥さんに報告したら…殺されそう。
#7 匿名さん2018/03/17(Sat)20:37:06
精一杯に貶すとリヤビューはライギョ
#8 匿名さん2018/03/17(Sat)21:16:53
ダサくなっていってる…
#9 匿名さん2018/03/17(Sat)21:22:27
おれ、4ドアクーペが嫌いなんだと、このクルマを見て思った

そもそも買えないけど
#10 匿名さん2018/03/25(Sun)22:38:54ID:MwZjc1YT2M
あの・・これファミリーカーっていわれても・・・・・・・・・・・
家族で乗れますけど(爆笑)

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/03/18)

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

メルセデスAMG GTコンセプト発表、モンスターハイブリッド搭載4ドアクーペ

メルセデスベンツはジュネーブモーターショー2017でメルセデスAMG GTコンセプトをワールドプレミアさせた。

(写真はメルセデスAMG GTコンセプト、ジュネーブモーターショー2017)
メルセデスAMG GTコンセプト ジュネーブ

現行型メルセデスAMG GTは典型的な2ドアクーペスタイルのスポーツカーとしてラインアップされる。今回初公開されたメルセデスAMG GTコンセプトはリアドアと十分な居住性を持ったリアシートが備わっているのが最大の特徴となる。

メルセデスAMG GTコンセプト リアコンビネーションランプ メルセデスAMG GTコンセプト

メルセデスAMG GTの4ドアクーペ版を予告、ヘッドランプは細くシャープに

AMG GTコンセプトのフロントデザインは現行型AMG GTから多くの要素を引き継いでいるように感じる。モデル名からは早くもAMG GTの後継モデルの提案かと思わせたが、むしろ4ドア版の追加発売を予告するコンセプトカーであると考えたほうが妥当だろう。

メルセデスAMG GTコンセプト フロントグリル

一方で、細くシャープとなったヘッドランプは、このAMG GTコンセプトからの新デザインとなる。4ドアということでやはり、現行型2ドアクーペと比較してキャビン部分が膨れてしまうわけだが、新ヘッドランプの鋭い眼つきでその印象は覆される。今後このヘッドランプデザインは、他モデルへ採用されていく可能性もあるだろう。

メルセデスAMG GTコンセプト マフラー

AMG GTコンセプトには、V8 4.0Lガソリンツインターボエンジンが搭載される。これをメインユニットにAMGブランドでは初となるハイブリッドシステムが採用され、最高出力は816hpとなる。このモンスターハイブリッドシステム搭載により、0-100km/h加速は3秒以下になるとしており、これは現行型2ドアクーペの最上級モデルよりも速いことになる。

過去記事(2014/11/16)

AMG GT画像、メルセデスベンツの新型V8 4.0Lツインターボ搭載スポーツクーペ

最高出力462psのAMG GT、510psのAMG GT Sがパリモーターショーでデビュー

メルセデスベンツが先月のパリモーターショー2014でワールドプレミアさせた新型車、AMG GTを紹介しよう。

(写真はメルセデス・ベンツ AMG GT S)
AMG GT S

新型AMG GTは新開発4.0L V8ツインターボエンジンを搭載したスポーツクーペとなる。

メルセデス・ベンツ AMG GT S AMG GT S パリモーターショー2014

エンジンチューンは2タイプ用意される。まずは標準モデルのAMG GTは、最高出力が462ps、最大トルクが61.2kgfmに設定される。その性能は、0-100km/h加速が4秒、最高速度が304km/hとしている。

そしてハイパフォーマンスモデルのAMG GT Sは、最高出力が510ps、最大トルクが66.3kgfmとなる。0-100km/h加速は0.2秒短縮され3.8秒、最高速度は310km/hを誇る。

(写真はメルセデス・ベンツ AMG GT)
メルセデス・ベンツ AMG GT AMG GT リアコンビネーションランプ

AMG GTの車両価格は115,430ユーロから、ポルシェ911シリーズ対抗モデルとして注目

また、V8エンジン搭載のスポーツクーペという意味では、新型AMG GTはSLS AMGの実質的な後継車種というポジションが与えられている。SLS AMGの排気量は6.2L、さらにガルウィングドアの装備などで車両価格2千万円台中盤からの設定であった。

ベンツ AMG GT AMG GT サイドビュー

欧州価格は、AMG GT が115,430ユーロ(日本円換算1,681万円)、AMG GT S が134,351ユーロ(同1,957万円)、AMG GT S “Edition 1” が148,512ユーロ(同2,163円)となる。

AMG GT S ヘッドライト

新型AMG GTシリーズはSLS AMGシリーズとの比較では大幅に車格ダウンとなるが、ポルシェ911シリーズの対抗モデルとしても注目度が高い。