car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディA1・e-tron ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーEV

投稿日:2012/01/03 更新日:

アウディA1 e-tron レンジエクステンダーEV

アウディA1 e-tron

アウディA1 e-tron レンジエクステンダー
写真は、東京モーターショーで出展されたアウディA1のEVモデルであるe-tron。
e-tronは、12kWhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、満充電での航続可能距離は50kmを超える。
さらに、レンジエクステンダーとして、254ccシングルローターのロータリーエンジンを搭載する。
エンジンからのトルクが直接的に車軸に伝わる機構は無く、ロータリーエンジンは純粋に発電機として機能する。
リチウムイオンバッテリーはフロア下に配置され、重量配分にもこだわった設計になっている。

アウディA1 e-tronに搭載されるロータリーエンジン

アウディA1 e-tronはロータリーエンジンを搭載するが、現在ロータリーエンジンが採用される量産車は世界で唯一マツダのRX-8しかなく、これも2012年中に生産停止となることが決まっている。
ロータリーエンジンは通常のレシプロエンジンと比べて、環境性能で不利な側面が多く淘汰されつつあるが、EV車のレンジエクステンダー用の発電エンジンとして注目が高まっている。
ロータリーエンジンは小型化することが可能で、振動が少ないというメリットがあるほか、高回転域の定速回転であれば効率の高い出力が得られることから、その特性が見直されている。

アウディA1 e-tronは、ロータリーエンジンの発電機を搭載することにより、航続可能距離を250kmに延ばした。
まだ試作段階ではあるもののテスト走行できるレベルにまで完成している。
現在のところ市販化の予定はないが、次世代環境車の一つとして提案がされている。
ロータリーエンジンがEV車のレンジエクステンダーとして使われる案は、マツダの次期ロータリー車であるRX-9についても可能性として考えられている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

アウディA1・e-tron ロータリーエンジン搭載のレンジエクステンダーEV

アウディA1の5ドア、スポーツバック発売日は来年夏、価格300万円程度

新型アウディA1のレビュー