car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

コンセプト アクティブ ツアラー、BMWが提案する新型ハイブリッドコンパクトMPV

BMWコンセプト アクティブ ツアラーがパリモーターショーで公開

2012年9月27日から開催中のパリモーターショー12において、BMWが出品する中で注目度が高いのは『コンセプト アクティブ ツアラー』だろう。基礎となるモデルについては言及されなかったが、展示されたそのボディから察するに、ハッチバック型5ドアの新型1シリーズの系譜と考えられる。これはつまり、BMWが小型MPV市場に本格参入を示唆することを意味し、日本のビーエムファンならずとも気にせずにはいられないコンセプトカーであることは間違いない。
BMWコンセプト アクティブツアラー
新型1シリーズといえば、コンパクトカーとしては非常にゆったりした室内が特徴的だったが、このコンセプト アクティブ ツアラーはさらに車幅が約70mm広く、車高が約120mm高い設計になっており、大人5人でも十分くつろげる設計だ。さらにシートポジションも高めに設定されていて、本格的SUVとはいかないまでも小型MPVとしてクルージングを楽しむには贅沢な作りと言える。
BMW コンセプト アクティブ ツアラー

コンセプト アクティブ ツアラーはFF+後輪モーターのハイブリッド4WD

コンセプト アクティブ ツアラーの大きな特徴と言えるのがその駆動方式だろう。
BMWはこのコンセプト アクティブ ツアラーに前輪駆動方式を採用してきたのだ。フロント側にはダウンサイズされた新世代の直噴1.5L 3気筒ターボエンジン配置している。さらにリア側には電気モーターを追加するこによってハイブリッド式の4WDシステムを構成している。
BMW CONCEPT ACTIVE TOURER
このハイブリッドシステムはトータルで最大出力190psのパフォーマンスを発揮する。二次電池として採用したリチウムイオンバッテリーの充電にはプラグインハイブリッドのシステムを採用していることもコンセプト アクティブ ツアラーの大きな特徴だ。
燃費も40km/Lと非常に良い数値を報告している。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/08/11)

新型BMW1が今秋デビュー

NEW BMW1の発売は10月頃

2代目にフルモデルチェンジするBMW1が発表されている。
発売時期は今年2011年の10月頃の見込み。

新型BMW1のエクステリアデザイン

コンパクトだがノーズの長いデザインは従来モデルのBMW1のスタイルを継承。
フロントはバンパーのラインがデザインの中に埋もれてわかりにくくなっている。
ヘッドライトの形状は3シリーズとも5シリーズとも異なる独特の雰囲気で、BMWで唯一かわいさを感じる。
赤のボディーカラーとの組み合わせで、従来モデルよりも女性ウケが良くなりそうだ。
リアはVWポロ風で工夫が足りない。小さくても高級車なのだから、同国ドイツの小型大衆車と似てしまうのは悲しく感じる。

直4ターボ搭載

日本導入グレードは116iと118iの2タイプ。
これらはどちらも1.6Lの直4ターボエンジンが搭載される。
ただし、エンジン仕様が異なり、116iは燃費重視、118iは加速重視のセッティングとなる。
トランスミッションは贅沢にも8ATが搭載されており、このクラスの車種では初めての採用となる。

ボディサイズはワンランクアップ

新型BMW1のボディサイズを見てみると、従来モデル比でディメンションが拡大しているのがわかる。
全長は4324mmで85mm拡大、全幅は1765mmで17mmの拡大。
ホイールベースに関しては2690mmと30mm拡大し後席の居住性は良くなった。
ゴルフクラスの広さは期待したい。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先