スバル・ソルテラ新型EVは、シンメトリカルAWDを採用、2022年年央発売の予告

ソルテラ

スバルは、2022年年央までの発売を予告しているソルテラ(SOLTERRA)2023年モデルの新しい情報と画像を米国向けに発表した。

ソルテラ

ソルテラ

新型ソルテラは、新開発e-スバルグローバルプラットフォームとシンメトリカルAWDを採用

スバル初のSUVボディのピュアEVであるソルテラは、これまでで最も技術的に進んだスバル車となる。新開発のe-スバルグローバルプラットフォーム上に構築されたまったく新しいSUVは、十分な後部座席と荷室が提供される。

ソルテラ ティザー

先進安全技術を搭載した、多用途で有能なソルテラは、伝説的なスバル シンメトリカルAWDと十分な最低地上高による、スバルSUVのDNAから構築されている。

ソルテラは日本市場を含めたグローバルで2022年央までに発売

ソルテラはCセグメントクラスSUVモデルのEVに仕上げられる。

アセント(北米)、アウトバック、フォレスター、SUBARU XVからなるスバルのSUVラインアップに加わる新たな選択肢として、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国等での発売が予告されている。

ソルテラ インテリア

ソルテラに採用されるのは、スバル&トヨタが共同開発したEVプラットフォーム

ソルテラに採用されるプラットフォームは、スバルとトヨタが共同開発したもので、フロント・センター・リヤなど数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、様々なバリエーションのEVを効率的に展開することを可能とする。

ソルテラ ヘッドランプ

従来からスバルが目指してきた高い衝突安全性や優れた操縦安定性をEVでも実現すべく、トヨタとともに開発が進められる。

ソルテラの開発は、この新型プラットフォームだけでなく、商品企画、設計、性能評価などの多岐に渡ってスバルとトヨタが共同で行っており、スバルが長年培ってきたAWD技術とトヨタの持つ優れた電動化技術を活用するなど、両社がそれぞれの強みを持ち寄ることで、EVならではの魅力を持つ新しいSUVづくりが取り組まれている。

ソルテラEV

「SOLTERRA(ソルテラ)」という名称は、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語である。優れた操縦安定性や高い走破性を誇るAWD性能を備え、行く先を選ばない「安心と愉しさ」を提供するスバルらしいSUVという特長を持つ。

タイトルとURLをコピーしました