日産【ルークス】軽自動車用 e-POWER搭載で本格ハイブリッド化の可能性、マイナーモデルチェンジ情報

ルークス

日産・ルークスに、マイナーモデルチェンジのタイミングで軽自動車向けe-POWER搭載モデルが設定される可能性がある。

日産ルークス

日産ルークス

ルークスは2020年2月にフルモデルチェンジを受けて3代目モデルに進化している。軽自動車カテゴリで最も需要が大きい、スライドドア付きのトールワゴン車となっており、ホンダ・N-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアと各社が競合車種を揃えてきている。

現行ルークスは全車マイルドハイブリッドの採用

なかでもルークスは、燃費向上対策としてハイブリッドシステムの導入が全車に施されてきた。

ルークス 日産

しかし、その仕様は最高出力わずか2.0kWのSM21型モーターを使ったもので、いわゆるマイルドハイブリッドと呼ばれるシステム。名目上のハイブリッド化、および電動化は果たされているものの燃費性能の向上幅は限定的で、WLTCモード燃費は20.8km/Lに留まる。

ルークスがマイルドハイブリッドで2030年度燃費基準を達成するのは難しい

経済産業省と国土交通省で策定された2030年度燃費基準によれば、ルークスのような軽トールワゴン車の車両重量では、燃費性能として28km/L程度の達成が求められている。これと現状の性能を比べると、未だ大きな開きがあるのは明らか。このままマイルドハイブリッドをベースとした改善で、2030年度燃費基準を乗り切れるとは考え難い。軽自動車セグメントにおいても本格ハイブリッドの導入が望まれるところとなっている。

2030年燃費基準

2030年燃費基準

ルークスをEV化できても、2030年度までに全台数のEV化は難しい

一方で日産は、2022年春に、軽EVを発売することを予告している。

IMkコンセプト

日産・IMkコンセプト

これはIMkコンセプトの市販型に相当し、モデルネームは「SAKURA」となる可能性が高い。

軽自動車セグメントにおいては、本格ハイブリッドの導入をすっ飛ばし、一気にEV化するという論調もあるが、これは理想論に過ぎない。充電インフラ問題やユーザーの走行パターンによっては、ガソリンエンジン搭載の軽自動車は簡単には無くせない。

何より、長い航続距離に対応させようとすると、大量の高性能バッテリーを積む必要があり、車両価格が高騰してしまう。これでは多くの軽自動車ニーズに応えることはできない。

IMkコンセプト 東京モーターショー2019

今後、軽自動車セグメントにおいてもEVの普及率は上昇していくだろう。しかし、2030年度までに新車販売の全台数をEVとするのは難しそうだ。

ルークスだけではない、軽自動車へのシリーズ式ハイブリッド搭載をダイハツが予告

既に、軽自動車セグメントへの本格ハイブリッド導入については、ダイハツから大きなメッセージが出されている。ダイハツは2021年11月に、新開発の本格ハイブリッド「e-SMART HYBRID」を小型SUVのロッキーに搭載し発売した。

ロッキー e-SMART HYBRID 構造

e-SMART HYBRID

その発電エンジンの排気量サイズは1.2Lであるが、今後、660cc未満エンジンを発電機とする軽自動車向け「e-SMART HYBRID」を市場投入することが予告された。「e-SMART HYBRID」は、100%電動モーターで駆動するシリーズ式ハイブリッドとなっており、その仕組みは日産の「e-POWER」と近い。

シルフィ e-POWER nissan

日産の現行「e-POWER」の発電エンジンは排気量1.2Lサイズである。2022年には1.5L VCターボが加わり、新型エクストレイルに搭載される予定。さらに660ccクラスが加わり、軽自動車向け「e-POWER」となる見込みで、特に車両重量が大きいルークスへの搭載が期待される。

日産ルークスが自動車アセスメント(JNCAP)「自動車安全性能2021」で軽自動車初の予防安全性能評価満点で最高評価「ファイブスター賞」を獲得

日産は2021年9月21日、自動車アセスメント(JNCAP)で「衝突安全性能」と「予防安全性能」等を統合して評価する総合評価、「自動車安全性能2021」において、「日産ルークス」が最高評価「ファイブスター賞」を獲得したと発表した。

ルークス

ルークス ハイウェイスター

なお、予防安全性能評価では、「日産ルークス」が軽自動車として初の満点を獲得した。
「日産ルークス」の「ファイブスター賞」獲得は、昨年、軽自動車として初めて同賞を受賞した「日産デイズ」に続く2車種目となり、日産の軽自動車の安全性の高さが示された。

「日産ルークス」は広い室内と便利で快適な使い勝手、さらにミリ波レーダーを採用した運転支援技術「プロパイロット」をはじめとする多くの先進安全技術を搭載したスーパーハイトワゴンの軽自動車である。軽規格ながら、一台であらゆるユーザーニーズに応えるモデルである。

自動車アセスメント(JNCAP)は、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)により、自動車の安全性能を評価、公表するもので、2020年度から新たな総合評価を開始し、2021年度の評価は「自動車安全性能2021」となる。その最高評価となる「ファイブスター賞」は、「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」の両評価で最高ランクを獲得、且つ「事故自動緊急通報装置」を備えた車両にのみ与えられる大変厳しい賞である。

ルークス ヘッドランプ

ルークス アダプティブLEDヘッドライトシステム

今回「日産ルークス」は、「自動車安全性能2021」において、日産の軽で初めて「アダプティブLEDヘッドライトシステム」が装備され、前方に他の車両がいる状況でも周辺をハイビームで照射することにより、夜間の歩行者等の視認性を高めるなど、安全性を向上させている。これにより、軽自動車で初めて、予防安全性能評価において満点で最高評価「ファイブスター賞」を獲得し、安全性の高さを実証された。

日産は、「セーフティ・シールド」のコンセプトのもと、「アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」や「アダプティブLEDヘッドライトシステム/ハイビームアシスト」などの危険予防から、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの危険回避、そして衝突時には「コンパティビリティ対応ゾーンボディ(高強度キャビン+衝撃吸収ボディ)」と「ニーエアバックを含む7つのエアバッグ」による乗員保護、さらに衝突後の「SOSコール」までのトータルな観点で、それぞれのシーンで乗員の安全をサポート。交通事故による死亡者を出さないゼロ・フェイタリティ社会の実現を目指す。

タイトルとURLをコピーしました