car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタのポルテ/スペイドにトヨタセーフティセンスCを装備、6/30改良

ポルテとスペイドが一部改良、セーフティセンスC標準装備でエクステリア変更無し

トヨタのコンパクトワゴン、ポルテとその姉妹車スペイドが2016年6月30日に一部改良を受けることになる。今回の改良の目玉は安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスCの装備となる。

(写真は現行ポルテ)
ポルテ

現行型ポルテおよびスペイドは2012年に発売されたモデル。2015年の改良では1.3Lエンジンを廃止し、アイドリングストップ機能付きの1.5Lエンジンに統一されている。

(写真は現行スペイド)
スペイド

ポルテ、スペイドのVグレード廃止、エントリー価格上昇か

今回は普及が進められているトヨタセーフティセンスCが装備されるということで、一層商品力を上げることになる。これによる価格上昇は他車種の例から5万4000円程度が想定されるが、これ以外にもインテリアパーツの変更があるためベース価格のアップはこれ以上になるかもしれない。

グレード構成では、廉価モデルとして163万5709円に設定されていたVグレードが廃止される。エントリーモデルは、現行170万7382円に設定されるXグレードということになり、さらにトヨタセーフティセンスCの装備で176万円程度になることが予想される。

エクステリアでは一部ボディーカラーの変更があるのみで基本的には変わらず。

また、特別仕様車としてポルテFアラモードⅡとスペイドFクイーンⅡが用意される。現行設定されている特別仕様車の続編ということになり、シート柄の変更などが施される。

今回はバンパー/グリルのデザイン変更などを含めたビッグマイナーチェンジとはならず。後期モデル登場は来年以降となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2015/07/01)

ポルテとスペイドが一部改良、2NR-FKE型アトキンソンサイクルエンジンを採用

トヨタ・ポルテ&スペイドに新エンジンを搭載、JC08モード燃費22.2km/Lへ

トヨタはポルテとその姉妹車スペイドの一部改良を2015年7月1日に実施した。

(写真は新型ポルテ F アラモード ドゥ)
ポルテ

現行モデルのポルテおよびスペイドは2012年7月の発売で、販売からちょうど3年が経過するタイミングとなる。今回の一部改良では、トヨタ新開発エンジンの2NR-FKE型が導入されることになる。

ポルテ F アラモード ドゥ

ポルテ、スペイドに搭載されるアトキンソンサイクル2NR-FKE型エンジン

2NR-FKE型エンジンは、アトキンソンサイクルが採用されているのが特徴となっている。燃費性能においてメリットのあるアトキンソンサイクルは、これまで主にハイブリッド向けエンジンに採用されてきたが、通常の1.5LのNAガソリンエンジンである2NR-FKE型にも採用された。アイドリングストップ機能が標準装備されており、今回のポルテおよびスペイドのJC08モード燃費は最高で22.2km/Lを達成している。

(写真は新型スペイド F クイーン)
スペイド

2NR-FKE型エンジンは既にカローラにも採用されており、今後もトヨタのコンパクトクラスカーへの搭載が広まることが予想される。なお、今回の2NR-FKE型エンジンの採用により、存在意義の薄くなった1.3Lエンジンモデルは廃止となった。

スペイド F クイーン

ただし、2NR-FKE型エンジンは現在のところ4WD化ができていないようで、4WDモデルには従来型エンジンである1NZ-FE型が採用される。

ポルテおよびスペイドの車両価格はFFモデルが163万5709円から、4WDモデルは186万7418円からに設定される。また特別仕様車としてはポルテ F a la mode Deux、スペイド F Queenが用意され、これらの車両価格はいずれもFFが188万4109円、4WDが203万5309円となる。

過去記事(2015/05/31)

ポルテ&スペイドに1.5L新型エンジンを搭載、JC08モード燃費は22.0km/Lへ

ポルテ、スペイドが7月一部改良、2NR-FKE型エンジンの搭載で燃費性能向上

トヨタのコンパクトカー、ポルテとスペイドが2015年7月1日に一部改良を受ける見込みとなった。

(写真は現行ポルテ)
ポルテ

ポルテおよびスペイドは2012年に現行モデルが発売された。フロントデザイン違いの姉妹車種の関係にある両モデルであるが、今回の改良ではトヨタ新開発の1.5Lエンジンが採用され、燃費性能を向上させてくる。

ポルテ トヨタ ポルテ リアコンビネーションランプ

新型ポルテ、新型スペイドに高圧縮比エンジン採用、JC08モード燃費は22.0km/L

この2NR-FKE型エンジンは、アトキンソンサイクル、高圧縮比、アイドリングストップといった主に3つの手法で燃費性能が向上させられている。特に圧縮比は13.5に設定されており、トヨタ版スカイアクティブエンジンとも一部では噂される。

トヨタ ポルテ

2NR-FKE型が先行導入されるカローラでは、アクシオでJC08モード燃費23.4km/Lを達成している。この2NR-FKE型エンジンがポルテ、スペイドに搭載されることで、JC08モード燃費は22.0km/Lとなる見込み。現行ポルテ&スペイドの1.5Lモデル(FF)が19.0km/Lということであったから、15%以上向上することになる。

(写真は現行スペイド)
スペイド トヨタ スペイド

また新型ポルテおよびスペイドは、グレードラインアップが見直され、JC08モード燃費19.6km/Lの1.3Lガソリンエンジンモデルは廃止されることになる。

(写真はカローラに搭載される2NR-FKE型エンジン)
2NR-FKR

トヨタではこれまでハイブリッド化による環境性能の向上が目立っていたわけだが、今後はダウンサイジングターボや高圧縮比エンジンの普及で、低価格モデルの燃費性能アップも注目されることになるだろう。2015年7月9日に発売される新型シエンタでも2NR-FKE型高圧縮比エンジン搭載モデルがラインアップされる予定だ。