car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

MIRAIが初期受注1500台を突破、トヨタが燃料電池関連特許を無償開放

ミライ発売1ヶ月の受注は1500台、上級セダンらしいデザイン、インテリアが好評

新型MIRAI(ミライ)は、トヨタが昨年2014年12月15日に発売した量産型燃料電池車である。発売1ヶ月の受注が1500台に達している。

(写真は新型MIRAI)
ミライ

新型ミライの販売目標は、2015年末までに約400台としており、既にこれを大きく上回るペースでの受注となった。一方で年間400台という目標は、まだまだ生産体制が十分でないことを表すものでもある。

トヨタ ミライ トヨタ ミライ リアコンビネーションランプ

新型ミライのエクステリアはあくまでセダンのスタイリングに拘ったことが伺える。サイドのキャラクターラインなど特徴的な部分もあるが、全体的にセダンのイメージを壊さないものである。

ミライ リアシート 燃料電池車 ミライ インテリア

インテリアは国産上級セダンの雰囲気そのもの。リアシートはゆったり2名乗車の、計4人乗りとなる。

トヨタ ミライ ヘッドランプ トヨタ ミライ トランク

ミライの実質負担額は上級車並、無償ライセンス提供で水素ステーションの普及を促進

ミライに設定された車両価格は723万円。これに国の補助金が202万円を差し引くとユーザーの実質的な負担金は521万円となる。さらに東京都は101万円、愛知県は事業者向けに75万5000円の補助が加わり、これ以外の自治体も補助金の設定を検討しているとのこと。ミライは補助金の助けを借りながらも普及を進めるにあたって現実的な車両価格が実現していると考えてよいだろう。

問題は水素ステーションの普及である。これにはトヨタ以外の事業者の参入が不可欠ということで、トヨタが持つ5680件におよぶ燃料電池関連特許を2020年末まで無償で開放するとしている。

ミライ 燃料電池スタック ミライ 燃料電池車

ガソリン代替エネルギーとしては、主にEVと燃料電池車が主導権を争う展開となっているが、トヨタが本格的に舵を切ったことにより燃料電池車が有利な展開となりそうである。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

MIRAI

代表グレード

ベースグレード

発売日

2018年10月

型式

ZBA-JPD10

ボディ形状

4ドア セダン

乗員定員

4名

全長(mm)

4890

全幅(mm)

1815

全高(mm)

1535

ホイールベース(mm)

2780

トレッド 前(mm)/後(mm)

1535/1545

室内長(mm)

2040

室内幅(mm)

1465

室内高(mm)

1185

車両重量(kg)

1850

エンジン型式

シリンダー配列

排気量(cc)

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

最高出力

----ps(----kW)/----rpm

最大トルク

----kg・m(----N・m)/----rpm

圧縮比

過給機

NA

燃料タンク容量(L)

使用燃料

水素

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/55R17

タイヤサイズ(リア)

215/55R17

最小回転半径(m)

5.7

トランスミッション

CVT

駆動方式

FF

消費税込み車両価格

7,274,880円

過去記事(2014/08/04)

トヨタ燃料電池車ミライ(Mirai)を2014年度内に発売、補助金で実質価格400万円

新型ミライ、トヨタが普及型燃料電池車を2015年春に発売する計画

トヨタはFCVとして燃料電池車のコンセプトモデルを2013年の東京モーターショーで発表していた。その市販モデルがミライ(Mirai)と命名された。

ミライ FCV

2014年11月に正式発表される見通しで、車両価格は700万円前後となることが発表されている。政府からの補助金として約300万円が計画されており、実質的なユーザー負担額は400万円程度になるだろう。販売を担当するのはトヨタ店とトヨペット店。納車開始時期は2015年春頃となるだろう。

トヨタ Mirai

ミライのベースとなるのはFCVコンセプト、水素タンク削減でトランク容量拡大の可能性

新型ミライのエクステリアデザインは東京モーターショー2013のFCVコンセプトに基づき、空力特性で有利なワンモーションフォルムが採用された。

燃料電池のシステムは、水素が充填される大型タンクを装備し、これが燃料電池スタックに送られることで電気エネルギーが生成される。また、従来のハイブリッドシステム同様にエネルギー回生システムが装備されており、航続距離が延長されることになる。ニッケル水素バッテリー、モーター、パワーコントロールユニットといったコンポーネントは、ハイブリッドカーの普及でコストダウンの進んだものが流用され、車両の低価格化が実現される。

トヨタ ミライ USA

水素の充填時間は約3分としており、従来のガソリン給油と変わらないタイミングでのエネルギー補充が可能とする。このあたりが次世代車としてライバル関係にあるEV(電気自動車)に対してアドバンテージとなる。

トヨタ ミライ FCV

加速性能は0-100km/hで10秒のパフォーマンス。

また、FCVコンセプトでは約700kmとしていた航続可能距離は、ミライの米国発表では300マイル(482km)と少なくなっていた。例えばFCVコンセプトで2基あった水素タンクが1基に減らされトランク容量が拡大されたなどの仕様変更があった可能性があるだろう。