car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型DS4がマイナーモデルチェンジで後期型、SUV調のDS4クロスバックが追加

シトロエンDS4が後期モデルへ移行、シトロエンエンブレムが廃止される

DSシリーズはシトロエンがラインアップするプレミアムカーである。そのDS4のマイナーモデルチェンジが今秋のフランクフルトモーターショー2015で発表された。さらに派生SUVモデルとしてクロスバックも追加された。

(写真は新型DS4)
DS4

2011年に発売したDS4は販売期間として4年が経過するタイミングにある。今回のマイナーモデルチェンジでDS4は後期型へ移行することになる。エクステリアではフェイスリフトを含めた大幅な改変となった。

DS4 フロントグリル

従来型DS4では、フロントグリルに他のシトロエン車種と共通のエンブレムが配置されていた。これが新型DS4ではDSマークにリプレイスされており、プレミアムモデルとしての主張を強めている。

DS4 リアコンビネーションランプ

新型DS4クロスバックも追加、SUVティストの派生モデル

(写真は新型DS4クロスバック)
DS4クロスバック DS4 クロスバック

また、新たに設定されたクロスオーバーSUVは、DS4クロスバックと名付けられた。DS4シリーズは通常モデルでも全高1523mmということで、近年のCセグメントハッチバックカーとしては背高い設定となっている。

DS4 クロスバック フロントグリル

クロスバックでは大径タイヤなどの装備によりボディは更に上へ大きくなった。DSクロスバックのシートポジションは通常DS4比で30mm高くなっている。

DS4クロスバック インテリア DS4クロスバック シート

ただし、本格的な走破性が与えられたSUVモデルということではなく、あくまでSUVティストのエクステリアに仕上げられたハッチバックモデルと見るのが正しいだろう。

DS4 クロスバック コンセプト DS4 クロスバック コンセプト リアコンビネーションランプ

新型DS4および新型DS4クロスバックの日本発売の時期は2016年内となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/10/05)

シトロエン DS4がデビュー

シトロエンDS4はオシャレで実用性も高い

DS4はシトロエンからデビューした、クーペの美しさとSUVの存在感を融合させたクロスオーバー車種。
ボディサイズはC4に近いが、オシャレで上質な雰囲気はワンランク上に感じる。
シトロエンDS4のディメンションは全長4725×全幅1810×全高1535で、C4と比較すると全長は55mm短いが、全高は45mm高い。
インテリアはC4と基本的に共通デザインとなる。

見た目重視のクルマに感じるが、実用性も考えられている。
まず、3ドア車に見えるが、後席のドアノブはリアウィンドウの隅に配置して3ドア風に見せてあるだけで、れっきとした5ドアハッチバック車だ。
ルーフの形状から想像すると、後席に座れば頭が天井に付きそうだが、全高が高いことが幸いして、意外と大人が座っても満足のできるものであった。
積載性も良く、リアハッチは普通のハッチバック車と同様に大きく開くし、リアシートは6:4分割までできる。

気になる車高の高さは、アイポイントでは、C4比較して33mm高い。
この程度の高さであれば、普通のハッチバックカー感覚での運転が可能だ。
ガラス面積の広いパノラミックウィンドウは、室内を明るく、開放感のあるものにしてくれる。

カッコよくて、実用性も高いのがDS4の長所。
DS4の車両価格は345万円~と、C4 エクスクルーシブの299万円~と比較しても割高に感じるが、普通のハッチバック車では満足できないユーザーにとって選択肢の一つとなるはずだ。
ライバルとしては、フォルクスワーゲンのニュービートル後継、ザ・ビートルあたりか。

やや癖のあるトランスミッション

日本車に比べ、オートマチックトランスミッションに癖があることが多いのが、欧州車のデメリットであるが、シトロエンDS4も例外ではないようだ。
DS4に搭載される6速のEGSはクリープがなく、変速ショックも大きい癖のあるトランスミッション。
マニュアルモードでステアリングパドルシフトで積極的に操作するほうが自然な変速フィールを得られる。
決して万人向けではなく、それも味として楽しめる余裕が必要になるだろう。
だた、ステアリングパドルシフトを操作しての走りは楽しい。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先