(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

パッソ、ブーンがマイナーチェンジで燃費向上、トヨタ版スカイアクティブG採用

パッソのマイチェンが2014年春に予定、燃費を大幅に向上させてくる

トヨタのコンパクトハッチバックカー、パッソのマイナーモデルチェンジが2014年4月14日に予定されている。

パッソ 2010

現行販売されているパッソは2010年にフルモデルチェンジされた2代目モデル。昨年2013年の年間販売台数は4万2千台以上となった。

トヨタ パッソ 2010

今回の販売5年目に向けてのマイナーモデルチェンジは、パワートレインの改良を含めた大掛かりなものになる計画となっており、燃費性能の大幅向上が期待される。

新型パッソは高圧縮比エンジン、トヨタ版スカイアクティブGで燃費性能が向上

現行パッソのエンジンラインアップは、3気筒1.0Lと4気筒1.3Lの2タイプあるが、このうち1.0Lエンジンについては高圧縮比タイプに切り替わる見込み。圧縮比を高くすることで燃費性能を向上させる手法は、マツダがスカイアクティブGとして採用してきており、コンパクトカーのデミオでも市販実績がある。ガソリンエンジンは圧縮比を高めると燃焼効率が良くなる反面、ノッキングが発生しやすくなるデメリットがあるが、このノッキング改善のためにトヨタがどのような方法を取るのかが注目される。
次期パッソはトヨタ版スカイアクティブとも言える手法で燃費が改善させられる。

現行パッソFF 1.0LモデルのJC08モード燃費は21.2km/Lである。この数値は27.6km/Lと大幅に向上する。

(写真はマツダ・スカイアクティブデミオ)
デミオ スカイアクティブ

マイナーチェンジによって商品力を向上させてくるパッソだが、その発売が消費税増税後になるのは少し残念だ。しかし、燃費性能が向上することにより、FF 1.0Lモデルがエコカー100%減税(免税)対象車となるなど税制面での新たなメリットが期待できる。

ブーン

また、姉妹車のダイハツ・ブーンも同様の改良が盛り込まれるマイナーチェンジを受ける。パッソとブーンの生産は何れもダイハツが担当する。

関連するレポート

[ 2014/02/09 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.