次期ロードスターの発売予測が延期、実質的な販売は2014年秋頃の見込み

次期ロードスターは5ナンバーサイズへ回帰の可能性

2005年から販売されている現行NC型ロードスターのフルモデルチェンジ計画が進行している。次期モデルは小型軽量化がテーマとなっており、全幅1.7m未満の5ナンバーサイズへの回帰も検討されている。

また、フィアット社との提携により、プラットフォームが次期アルファロメオ・スパイダーと共通化されるということも話題となった。これにより、これまで以上の量産効果が見込めるため、車体価格の低価格化を期待する声も上がっている。
ただ、アルファロメオ・スパイダーは先代モデルで全幅が1.8m以上かつ車体重量は1.6tを超えており、マツダ・ロードスターと比べてかなり大きなボディサイズである。ロードスターの小型化と、スパイダーとのプラットフォームの共通化は大きな矛盾でもあり、これをどうまとめていくのかも注目していきたいポイントだ。あるいはプラットフォームが共通化されるのは、実はスパイダーではなく、フィアットブランドのバルケッタ後継車ではないのかと疑っている。

次期ロードスターに搭載されるエンジンは、1.5Lと1.8Lの2タイプが想定されており、他のマツダ車と同じくスカイアクティブGの搭載となる見込み。軽量化ボディと相まって、高い燃費性能が期待できる。

(写真は、現行ロードスター欧州仕様MX-5)
ロードスター MX-5
マツダ ロードスター MX-5

ロードスターのフルモデルチェンジ、新型発売は2014年秋の予測

新型ロードスターの発売時期については、当初の予測より遅れるとのこと。東京モーターショーが開催される2013年秋頃の発売が期待されていたのだが、この時期には恐らく次期ロードスターを予告するコンセプトカーの出展に留まるはず。実質的な発売時期としては2014年秋が有力である。

関連するレポート

[ 2012/10/20 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.