(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

次期ロードスターはスカイアクティブ搭載、価格250万円前後から

マツダ次期ロードスターは軽量化+新型スカイアクティブで燃費30%アップ

現行ロードスターは2005年にNC型としてデビューし、2012年で7年目を迎える。
次期モデルが待望される時期に来ているのだが、ここにきてようやく次期ロードスターの開発がマツダ社内で本格化したという情報が入ってきた。
新型ロードスタースターの発売日は早くても2013年、2014年頃になりそうだ。

(写真はフルモデルチェンジが待望される現行ロードスター)
マツダ・ロードスター

ロードスター後継、燃費性能がネックに

マツダの燃費向上策の柱となっているのが、低燃費エンジンのスカイアクティブG。
次期ロードスターには1.5LスカイアクティブGが、開発初期の段階では採用される予定であったが、パワー不足が理由で却下となった。
次に候補に上がったのが、スカイアクティブ・アクセラで採用されている2.0LのスカイアクティブG。
しかしこちらは、軽量のロードスターにはオーバースペックで、燃費目標が達成できなくなる問題が生じた。
結局のところ、1.8Lエンジンに落ち着いたのだが、現在マツダでは1.8LのスカイアクティブGは実用化されておらず、開発が遅れてしまったようである。
この1.8LのスカイアクティブGは、最高出力150ps、最大トルク18.5kgmとなる。

新型ロードスターは超軽量化ボディが採用される

新型ロードスターにも軽量化技術、スカイアクティブボディが導入される。
これによって、車体重量は現行モデル1110kgから新型では1000kg未満に。
マツダが2009年のフランクフルトモーターショーで公開したコンセプトモデルでは、1.8Lエンジンで995kgを実現していたから、現行モデルから110kg以上の軽量化は可能な数字ではある。
1.8LのスカイアクティブGとスカイアクティブボディによって、燃費は現行比で約30%向上。
主力トランスミッション搭載の6MTモデルは、JC08モード燃費で16.5km/Lを目標に開発されている。

また、軽量化にあたってはカーボンなどコストアップになる素材は使わないため、手に届きやすい車体価格になる。
次期ロードスターについて予想されている車体価格は、250万円から300万円のレンジになるとされており、現行モデルの価格帯が維持される。

関連するレポート

[ 2011/12/31 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.