次期ロードスターはスカイアクティブ搭載、価格250万円前後から

マツダ次期ロードスターは軽量化+新型スカイアクティブで燃費30%アップ

現行ロードスターは2005年にNC型としてデビューし、2012年で7年目を迎える。
次期モデルが待望される時期に来ているのだが、ここにきてようやく次期ロードスターの開発がマツダ社内で本格化したという情報が入ってきた。
新型ロードスタースターの発売日は早くても2013年、2014年頃になりそうだ。

(写真はフルモデルチェンジが待望される現行ロードスター)
マツダ・ロードスター

ロードスター後継、燃費性能がネックに

マツダの燃費向上策の柱となっているのが、低燃費エンジンのスカイアクティブG。
次期ロードスターには1.5LスカイアクティブGが、開発初期の段階では採用される予定であったが、パワー不足が理由で却下となった。
次に候補に上がったのが、スカイアクティブ・アクセラで採用されている2.0LのスカイアクティブG。
しかしこちらは、軽量のロードスターにはオーバースペックで、燃費目標が達成できなくなる問題が生じた。
結局のところ、1.8Lエンジンに落ち着いたのだが、現在マツダでは1.8LのスカイアクティブGは実用化されておらず、開発が遅れてしまったようである。
この1.8LのスカイアクティブGは、最高出力150ps、最大トルク18.5kgmとなる。

新型ロードスターは超軽量化ボディが採用される

新型ロードスターにも軽量化技術、スカイアクティブボディが導入される。
これによって、車体重量は現行モデル1110kgから新型では1000kg未満に。
マツダが2009年のフランクフルトモーターショーで公開したコンセプトモデルでは、1.8Lエンジンで995kgを実現していたから、現行モデルから110kg以上の軽量化は可能な数字ではある。
1.8LのスカイアクティブGとスカイアクティブボディによって、燃費は現行比で約30%向上。
主力トランスミッション搭載の6MTモデルは、JC08モード燃費で16.5km/Lを目標に開発されている。

また、軽量化にあたってはカーボンなどコストアップになる素材は使わないため、手に届きやすい車体価格になる。
次期ロードスターについて予想されている車体価格は、250万円から300万円のレンジになるとされており、現行モデルの価格帯が維持される。

関連するレポート

[ 2011/12/31 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.