軽自動車の中古車-激安不人気車リスト

中古軽自動車のお買い得車種を知る

業界では中古車には掘り出し物がないと言われている。値段の安いものは、何か理由があるのが普通だ。
しかし、人気が無くて中古車価値が低く評価されている車種は存在する。
軽自動車で掘り出し物を探すなら、不人気車を探すのがお奨めだ。

軽自動車の不人気度リスト

メーカー 車名 販売期間 全高
(mm)
モデル 不人気度 年式と走行距離レンジ
1年
落ち
10千~
30千km
2年
落ち
15千~
35千km
3年
落ち
20千~
40千km
4年
落ち
25千~
45千km
5年
落ち
30千~
50千km
6年
落ち
35千~
55千km
開始年 終了年 カーオークション相場中心価格帯(万円)
(±10万円程度)
ダイハツ ムーヴ     1630 先代 95 85 75 70 60 55
スズキ ワゴンR     1660 現行 80 70 65 65 60 60
スバル R1 2005 2010 1510 カタログ落ち     85 70 55  
スバル R2 2003 2010 1520 カタログ落ち ★★★   65 50 45    
スバル ステラ 2006   1645 現行 ★★ 80 70 60 60    
スバル プレオ 1998 2009 1550 先代 ★★★★★   40 35 35 30  
三菱 eKワゴン 2001 1550 H81W-H82W ★★★★ 65 55 55 50 40 35
三菱 i(アイ) 2006 1600 HA1W ★★★ 63 60 58
三菱 トッポ 2008 1680 H82A ★★★ 70 68
ホンダ ライフ   1575
1610
JB/JC ★★★★ 65 60 55 50 50

軽自動車の中で販売台数の多い、ムーヴ、ワゴンRを基準にして中古車価格相場を比較してみた。
全体的にスバルと三菱の軽自動車が安い。

不人気車は安い

中古車価格は主に年式と走行距離と人気で相場が決まる。
メーカー、車種ごとのクオリティーの違いは日本車であれば、ほとんど変わらない。
人気と不人気は、知名度やデザインなど車を道具として考えた場合はどうでもいいようなことで決まっている。
安い中古車が欲しいなら、不人気車を把握しておく事が重要だ。

燃費性能に拘りすぎると損をする

最近は燃費のいい車が人気が有り中古車相場が高くなっている。
しかし、あまり燃費性能に神経質になるのはよくない。
なぜなら、軽自動車の中古車の購入を考えている多くの人が、年間走行距離の少ない人だからだ。
年間走行距離5,000kmの場合、実燃費が12km/Lと14km/Lの違いではどれぐらいの出費の差があるか、ガソリン価格135円で算出してみた。

  1年 2年 3年 4年 5年
累積のガソリン代 実燃費12km/Lの車 56250 112500 168750 225000 281250
実燃費14km/Lの車 48214 96429 144643 192857 241071
差額 8036 16071 24107 32143 40179

結果は5年間乗り続けても4万円ほどの差にしかならない。
しかし、実燃費が12km/Lと14km/Lでは中古車の人気度には大きな差が出てくる。カーオークション相場では10万円程度の価格差が発生していることが多い。
つまり、走行の少ない人は、燃費の悪い不人気車の方がお得だ。同じ車種内でも燃費の良いCVTよりも燃費の悪い4ATの方が経済的になるだろう。
とりわけ軽自動車なら、近所の買い物や送り迎え、週に何回かしか乗らない人も多い。そういう人は年間5000kmの達成すら難しい。
年間走行距離が1万キロ程度を超えて、この先5年以上乗る人なら、燃費性能も考慮した車種選びが必要だ。

関連するレポート

[ 2011/02/12 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.