トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ

故障の少なさ、信頼性の高さで評判がいいのがトヨタ。
実際のところは、ヴィッツ、カローラシリーズといった、生産台数が特別多い車種については故障頻度の少なさはあると感じる。
それ以外の車種に関しては、他の日本車と大差無い。

値引きを含めた実質的な車体価格は、他の日本車に比べると少し高い。
しかし、リセールバリューも高いので納得して買ってしまうユーザーが多い。

以前は足回りが軟らかく短時間の同乗者からは評判がよかったが、車酔いのしやすさや接地感のないハンドリングが妥協点となっていた。
最近は、すべての車種が軟らかいわけではなく、固めにセッティングされた車種も多くなった。

見える部分を豪華に見せるのが得意で、車体価格が同クラスの他車と比較すると内装での満足度は高い。
逆に見えない部分が手抜きで、上級車種でなければボディの剛性感は低いしリアサスペンションもトーションビーム式でよく跳ねる。

トヨタ自動車

日産

ハイブリッドカーで完全に出遅れてしまったのが日産。唯一フーガハイブリッドがあるが、セールス力のある商品とは言えない。
販売台数の稼げるセグメントでの商品力が強いことから、ハイブリッド無しでも販売台数を維持できている。
マーチ、ノート、キューブ、ティーダのBセグメントのラインアップの多さと魅力はトヨタを凌ぐ勢いだ。

タイ生産のマーチ、イギリス生産の旧デュアリスなど、グローバルな生産を行っている。
しかし、これらの車種の信頼性が悪い場合があり、車種によっては故障が多い。
かつてCVTが苦手分野の時期があったが、現在は改善されており心配はいらない。
5年以上前の日産のCVT車を中古で買う場合は注意が必要。
年式が古くなると電気系のトラブルがやや発生しやすい傾向があるが気にするほどではない。

トヨタと比べリセールバリューは安いが新車購入時はその分安く買えることが多く文句は言えない。
最近のBセグメント、Cセグメントクラスの車種であれば、マツダの方がリセールバリューは高い。

日産自動車

ホンダ

オデッセイとフィットの成功以降、急速に自動車メーカーとしての地位を高めてきたのがホンダ。
低床低重心やセンタータンクレイアウトなど独自の技術が車の性能を向上させている。

エンジン性能は特に他社製品より高評価されることが多い。
高回転までスムーズに回るエンジンが特徴だ。
ハイブリッドエンジンについても技術がある。

リセールバリューは、トヨタに次いで高い。
車自体の信頼性はトラブルが少なくトヨタ並と考えていいだろう。
車種ラインアップは会社規模からすると少なめだが、人気車種の比率が多い。

本田技研工業

マツダ

日本よりも欧州市場を意識した車作りがされている。
高速域でも破綻しないハンドリング性能は、アウトバーンを走るドイツのオーナーからも高く評価されている。
日本では安さが取り得のややマイナーメーカー的な位置付けだが、欧州では人気が高い。
乗り心地や運転のしやすさを重視したドライバーから選ばれている。

かつてはマツダ地獄と呼ばれるほど、リセールバリューが悪かった。
一度マツダ車を乗るとリセールバリューの悪さから、他のメーカーの車に乗り換えられなくなる現象を指している。
アクセラ、アテンザの成功以降、この傾向がやや和らいだ。
最近はマツダの中古車が特別安いということはない。

マツダ

三菱自動車

未だにリコール隠しのマイナスイメージが払拭しきれていないのが三菱。
SUVブームの時はパジェロシリーズが人気車種となったが、それ以来は販売台数が伸び悩む傾向が続いている。

10年保証など、他社にないアフターサービスで巻き返しを考えているようだが、なかなかブランドイメージが回復しない。
直噴エンジンでのトラブルも壊れやすいというイメージを定着させてしまった。
実際のところは、直噴エンジンのトラブルはトヨタD4エンジンでも同様の問題だったし、整備が悪ければホンダ車でもエンジンルームが燃える。
リコールを隠す体質は問題だが、技術がレベルが低いということはない。
例えばCVTの耐久性は日産とは比べれば大変良い。

リセールバリューは当然安い。

三菱自動車

スバル

近年トヨタ傘下に入ったのが富士重工業(スバル)。
水平対抗エンジンの技術をもっており、世界中でファンが多い。
トヨタ傘下に入ったことは、スバルらしさがなくなると批判の声が多いが、水平対抗エンジンを載せた大衆車が存続できたことは喜ぶべきだろう。

一般受けしにくい車種が多いためリセールバリューは低い。

スバル

関連するレポート

[ 2011/04/14 ]
#1 名無し2016/06/21(Tue)19:15:22
スバル車はリセールバリュー低くないですよ
#2 佐波ちゃん2016/06/30(Thu)10:18:17
三菱、トヨタ、日産、スバルの車に乗りましたが、なぜか故障が多く販売店や整備の対応も悪かったのがトヨタでした。期待した日産のブルバードは昔のイメージとはかけ離れたつまらない車でした。三菱は7台10万キロ以上乗りましたが頑丈で故障も無かったです。スバルは走る止まる曲がるの基本性能と、安全性能に優れ、機械や道具としての性能はナンバーワンでした。その分、内装等目に見える部分がシンプルでした。こだわりのある人向きの車が多いです。
#3 ごんちゃん2016/08/07(Sun)22:58:09
最近のトヨタ車はもうけ主義に走ってるみたいに感じますねコストを下げれるなら何でもするなんかそう思えます。ブレーキはエアーが感ですようなふわふわのブレーキでアクセルも遊びが多すぎる気がします、高級車は違うのかもしれませんが乗ってて怖い車です。
#4 匿名さん2016/08/15(Mon)07:39:53
誤った記述多すぎませんか
例えばCVTに関して、日産三菱もどちらもジヤトコから買った部品のポン付けしているのに差が出るわけがないでしょう
下調べもせずに適当に書いているとしか思えません
#5 新の車好き2016/08/31(Wed)18:30:25
トヨタはのりこごちは良いですよ。まぁ僕はハイブリッド車なら何でも良いですが、一番を選ぶとなるとスバルが良いと思います。



#6 匿名さん2016/09/25(Sun)05:02:07
トヨタはトラブル【Eg.CVT】の連続だった。次にスバルに買い換え14万キロでシャフトブーツが破れたくらいかな。
#7 匿名さん2016/11/20(Sun)23:57:45
♯4さん
日産と三菱は同じジヤトコ製品ですが三菱は独自にチューンしてますよ。ちゃんと調べましょうね
#8 名なし2016/12/03(Sat)17:21:45
日産は詰めがどうもね。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.