car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペイド
ポルテ

ポルテとスペイドが一部改良、2NR-FKE型アトキンソンサイクルエンジンを採用

投稿日:

トヨタ・ポルテ&スペイドに新エンジンを搭載、JC08モード燃費22.2km/Lへ

トヨタはポルテとその姉妹車スペイドの一部改良を2015年7月1日に実施した。

(写真は新型ポルテ F アラモード ドゥ)
ポルテ

現行モデルのポルテおよびスペイドは2012年7月の発売で、販売からちょうど3年が経過するタイミングとなる。今回の一部改良では、トヨタ新開発エンジンの2NR-FKE型が導入されることになる。

ポルテ F アラモード ドゥ

ポルテ、スペイドに搭載されるアトキンソンサイクル2NR-FKE型エンジン

2NR-FKE型エンジンは、アトキンソンサイクルが採用されているのが特徴となっている。燃費性能においてメリットのあるアトキンソンサイクルは、これまで主にハイブリッド向けエンジンに採用されてきたが、通常の1.5LのNAガソリンエンジンである2NR-FKE型にも採用された。アイドリングストップ機能が標準装備されており、今回のポルテおよびスペイドのJC08モード燃費は最高で22.2km/Lを達成している。

(写真は新型スペイド F クイーン)
スペイド

2NR-FKE型エンジンは既にカローラにも採用されており、今後もトヨタのコンパクトクラスカーへの搭載が広まることが予想される。なお、今回の2NR-FKE型エンジンの採用により、存在意義の薄くなった1.3Lエンジンモデルは廃止となった。

スペイド F クイーン

ただし、2NR-FKE型エンジンは現在のところ4WD化ができていないようで、4WDモデルには従来型エンジンである1NZ-FE型が採用される。

ポルテおよびスペイドの車両価格はFFモデルが163万5709円から、4WDモデルは186万7418円からに設定される。また特別仕様車としてはポルテ F a la mode Deux、スペイド F Queenが用意され、これらの車両価格はいずれもFFが188万4109円、4WDが203万5309円となる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント