car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エスクァイア
ノア
ヴォクシー

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

投稿日:

トヨタの2.0Lクラスミニバンがフェイスリフト、好調セレナに対抗

トヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアがマイナーモデルチェンジを受けて2017年7月3日より後期モデルの販売がスタートした。

(写真は新型ノア)
ノア マイナーモデルチェンジ

ノア、ヴォクシー、エスクァイアの三姉妹モデルは、共通車体ベースのミドルクラスミニバンとして、3タイプのエクステリアが与えられたシリーズである。かつては国内各社が力を入れたセグメントではあるが、自動運転技術のプロパイロットを導入した日産・セレナを例外とすれば、トヨタ勢が市場を独占する状況となっている。

ノア リアコンビネーションランプ ノア

ノア、ヴォクシー、エスクァイアの前期モデルでは、ヴォクシーがこの手のミニバン車種としては王道とも言えるワル顔エクステリアで人気となり販売台数で結果を出してきた。次点にナチュラルファミリーなイメージのノアが売れ、プレミアムイメージで車両価格もワンクラス上のエスクァイアと続いた。

ノア インテリア

後期モデルはノアの販売台数の増加を予想、ヴォクシーはいまいちか

後期モデルでは、各モデルのコンセプトは踏襲しつつも販売台数では変化があるかもしれない。

(写真は新型ヴォクシー)
ヴォクシー ヴォクシー エクステリア

ヴォクシーはシンプルになりワル顔感が薄れたことで、これを安っぽいと感じるユーザーが出てきそう。ノアは逆にフロントグリルの押し出し感が強くなったことで高級感が出ており、メッキグリルが派手と感じる人のためのボディ同色グリルも洗練された印象だ。

(写真は新型エスクァイア)
エスクァイア エスクァイア リアコンビネーションランプ

エスクァイアはゴージャス感でさらに磨きがかかったが、やはり価格帯が10~20万円上がるので販売の主役になるのは難しいか。

エスクァイア インテリア

公開された後期モデルのエクステリア写真を見た感じでは、ノアの販売台数が浮上するのではないかと予想する。

#1 匿名さん2017/07/06(Thu)02:20:13
このタイプには、あのカッコ悪いメッシュグリルを持ってくるなよ。
#2 匿名さん2017/07/06(Thu)19:52:10
下品なグリルという人がいる一方、
ワルでいいぜという人が、これまた多数いる現実
#3 匿名さん2017/07/06(Thu)21:05:40
ここまであからさまにアルヴェルの顔を持ってくるとはね
あの顔つきはやっぱり人気なのか
#4 匿名さん2017/07/06(Thu)21:13:14
ヴェルファイア=VOXY はわかるが、
アルファード=ノア はちょっと違うかも
いまのアルファードは酷すぎる
#5 匿名さん2017/07/07(Fri)06:07:53
ノアのボディ同色グリルは面白い。
ほどよい地味さで個性もある。

トヨタも車種整理してるし、ミニバンは先行き暗い。
ミニバン用のTNGA無かったりして。
#6 匿名さん2017/07/07(Fri)08:15:16
出た当初はドギツイなと思ってたけど、今になってある程度見慣れた気がする >30アル/ヴェルのツラ
#7 匿名さん2017/07/07(Fri)13:05:46
ノアとヴォクシー逆じゃないか?って思うわ。
アクの強いデザインは好きだが何時までこの流れが続くかな。

名前(任意)
コメント