car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・カローラGRスポーツ動画、GRブランドに新型COROLLA導入

カローラGRスポーツ発表、日本発売も期待

トヨタは今月開催されたジュネーブモーターショー2019でカローラGRスポーツを発表した。

(動画はカローラハイブリッド GR スポーツ)

カローラGRスポーツの欧州向け発売日として、2020年1月が予告された。
「GRスポーツ」は、GRブランドの完成車体のなかでは入門モデルに位置付けられる。

カローラGRスポーツ

昨年2018年にフルモデルチェンジした新型カローラは、既に欧州ではセダン、ワゴン(ツーリングスポーツ)、ハッチバックの3種類のボディタイプが発売されている。カローラGRスポーツは、この中のハッチバックをベース車として開発されたスポーツカスタマイズモデルとなる。

ダーククロームのフロントグリル、ロアスカート、サイドロッカー、リアディフューザー、アロイホイールなど専用デザインのパーツでスポーティに装飾される。

搭載されるエンジンは1.8L NAと2.0Lハイブリッドが用意される。

ベース車は日本でカローラスポーツとして販売されるモデルで、GRは日本でもプロモーションに力が入れられているブランドである。このカローラGRスポーツが日本発売される可能性は高いのではないか。

トヨタ・カローラTREKもデビュー、欧州向けカローラ クロスオーバー

さらにトヨタは、ジュネーブモーターショー2019でカローラ TREKを発表した。欧州向け発売日として2019年8月が予告されている。

(動画はカローラ TREK)

カローラTREKはワゴンのツーリングスポーツをベースとした、クロスオーバーモデルとなる。SUVテイストの専用パーツのほか、最低地上高と全高が上げられる見込み。

日本のアクシオおよびフィールダーを後継する新型カローラのセダン、ワゴンは全幅を抑えたナローボディ仕様になると予想され、そもそもツーリングスポーツは日本導入されないと考えられる。カローラTREKと同コンセプトのクロスオーバーモデルが日本発売される可能性は否定できないが、それでもこの欧州仕様とはまた別の形となりそうだ。

#1 匿名さん2019/03/28(Thu)02:36:51ID:MxMmI1YmDO
ツートンカラーはカッコ悪いネ
#2 匿名さん2019/03/28(Thu)12:33:51ID:QyZjBiYT2Z
ほとんど見かけない
#3 匿名さん2019/08/16(Fri)17:37:41ID:U5NWU5YjWY
後ろから見たスタイルはなかなか良いと思うが、いかんせんパワートレインに魅力が乏しい。
#4 匿名さん2019/08/16(Fri)22:06:52ID:UyNGU1YTDO
ディーゼル車がない。
プラグインハイブリッドがない。
ハイパワーなエンジンがらない。

だから、ゴルフ、メガーヌといった欧州車にまったく及ばない。
#5 匿名さん2019/08/22(Thu)12:08:01ID:I3NWVmZj2O
♯4
いや、「まったく」とは言い過ぎ。
カロスポに対するマスメディアの評価は、『モデル末期の現行ゴルフ』に追いついた、と賞賛する内容ばかり。これは、相当に凄いことだ。
あとは、ゴルフGTIやメガーヌR.S.といった欧州Cセグ2大巨頭に対抗可能なグレードがあれば、更に魅力が増すのでは?
#6 匿名さん2019/08/24(Sat)08:41:13ID:A5NTdiOTGY
先代オーリスにも搭載されたBMW製ディーゼルが追加されれば。一層魅力度があがるはず!
クルマに詳しいユーザーなら飛びつくはず!
#7 匿名さん2019/08/24(Sat)21:13:35ID:NhMTMxNGmN
欧州はディーゼル離れが進んでいるのに?
#8 匿名さん2019/08/24(Sat)22:28:03ID:A5NTdiOTGY
日本はディーゼル車が飛躍的に増加している!
#9 匿名さん2019/08/25(Sun)20:23:40ID:djNjc0NzTN
トヨタはCセグに乗せられるようなディーゼルエンジン持ってないしな。
2.0ガソリンターボ+6MTくらいの事は本当はやって欲しい。
#10 匿名さん2019/08/25(Sun)21:29:10ID:Q1ODhhNWDM
#8
欧州メーカーは、本国では売れないので日本に持ってきてる。
国産メーカーは飛躍的に伸びていない。

#11 匿名さん2019/08/26(Mon)01:57:42ID:Y0MzMyMDzM
♯10
本国とはどこ?例の一件で欧州市場全体でディーゼル車の販売は落ちたが、未だに販売台数5割を超える国が大半だということを知っておこう。マスゴミのニセ情報を持って「しったか」するのは恥をかくだけ。
#12 匿名さん2019/08/26(Mon)02:03:15ID:Y0MzMyMDzM
♯10
本国で売れてないのに、なぜ日本では大人気なんだろ?今、日本の輸入車は、ディーゼル車を「ラインアップしてない」車種のほうが少ないんだが。
あのBMW8にも設定がある。
また、マツダや三菱を中心に、ディーゼルを主力とするメーカーを無視してはいけない。

#13 匿名さん2019/08/26(Mon)13:09:57ID:g4NTg5YjTN
本国はドイツで。

ドイツ、ディーゼル車の走行禁止広がる ベンツお膝元も19年から
2018年7月12日 2:23



【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーや独ポルシェが本社を構える独南部のシュツットガルト市で、2019年1月から古いディーゼル乗用車で市街地に乗り入れできなくなることが11日決まった。ドイツ第2の都市ハンブルクは5月から一部の道路での導入に踏み切っており、独国内で広がり始めた。ディーゼル車販売の低迷に拍車がかかる可能性がある。
#14 匿名さん2019/09/17(Tue)20:29:53ID:VlNDM4ODGO
セダン・ワゴンの新型発売に合わせてカローラスポーツが一部改良された!
従来、「欧州カローラ」専用だった2トーンカラーが追加された!(上から2番目の画像がそれ)
2トーンカラーは欧州市場のトレンドで、日本車もここ数年で各社がパクりだしてきたのはご存知の通り。
ルーフを塗り分けるだけで、一気に欧州車っぽくなるから不思議
#15 匿名さん2019/09/17(Tue)23:12:55ID:ljZmViNGzY
結構あるよ品質差。日本車と欧州車の塗装の差異について考える
ぼくは輸入車に乗ることが多いですが、それはデザイン的理由によるもので、品質については日本車の方が圧倒的に優れる、と考えています。
特に塗装においてそれは顕著で、欧州車に比べると日本車はかなり品質が高いですね。
具体的に言うと、まずは塗膜の強さ。
欧州ではかなり環境に厳しく、早い段階から自動車メーカーは水性塗料を導入していましたが、この水性塗料はかなり弱く、飛び石を食らうと簡単にはがれたりします。

近年では塗装の質も向上しており、2005年くらいからずいぶん強い塗装も増えてきているものの(粉体塗装が普及したこともある)、やはり日本車の方が塗装が強く塗膜が厚く美しいようですね。※油性(ラッカー)塗料を使用した方が綺麗に、かつ強く仕上がるのですが環境負荷が高く、欧州では規制の関係上、水性塗料を使用するケースが多い模様。粉体塗装だと問題は解決できるもののコストが高い

#16 匿名さん2019/09/17(Tue)23:14:47ID:ljZmViNGzY
加えて同じく塗装ですが、例えばピンストライプやツートンカラーの場合。
欧州車は(たとえロールスロイスのコーチストライプといえど)これらの境界が曖昧だったり、ちょっとにじんでいたり、マスキングの跡がモロにわかるケースがあります。
ですが日本車だとこういった塗り分けが非常に美しく、例えば日産ジュークのツートンモデルなどはかなり美しい仕上がりですね。
90年代のトヨタに多かったツートンカラーも同じで、これは相当にレベルの高い仕上がり。
最近だと軽自動車のルーフもツートンのものが増えていますが、A/Cピラーとルーフとの塗り分け部分も高いクオリティを誇ります。

フェラーリやランボルギーニにもこういった塗り分け部分がありますが、正直言うと「日本の軽自動車の方がこれらよりも塗り分けが綺麗」だとぼくは認識しています。
#17 匿名さん2019/09/17(Tue)23:23:05ID:ljZmViNGzY
ツートンの先駆けは90年代のセダンかな?ルーフ塗り分けは軽四ばかり
#18 匿名さん2019/09/19(Thu)00:32:36ID:EyODRjYmGN
ツートンルーフの元祖と言えば1957年プリンススカイラインだったかな?
最近では軽自動車の採用が目立つね。
日本車がパクリだしたってのは間違いじゃないかな?
#19 匿名さん2019/09/19(Thu)01:36:18ID:VjYzJmMDzM
日本国内しか見てないコメントが多いですね。ボディサイドの塗り分けは50年台のアメ車が元祖。日本車も80年代に流行ったみたいですね。トヨタの「○○トーニング」みたいな名前で。
ルーフの塗り分け、と言えばミニクーパーに代表される初代ミニ兄弟でしょう。欧州市場のトヨタではアイゴ、ヤリスにも設定される仕様です。日本でのC-HR、カムリ、カロスポにも遅れて追加されましたね。欧米のトレンドを真似ることはとても重要です。
#20 匿名さん2019/09/19(Thu)07:37:56ID:E4YTU3OD2O
昔のアメ車はルーフの塗り分けじゃないような?
初代ミニ1959年登場だからルーフ塗り分けの元祖はスカイライン?細かい話は分からないけどもルーフ塗り分けを日本車がパクったってのは違うと思う。
#21 匿名さん2019/09/19(Thu)08:04:09ID:VjYzJmMDzM
20
アメ車はボディサイドの塗り分けと書いてます。イチャモンつけたいなら、まずよく読んでから!
#22 匿名さん2019/09/19(Thu)11:02:07ID:E4YTU3OD2O
アメ車については、ルーフ塗り分けの話だと思ってたので。

日本車もここ数年で各社がパクりだしてきたのはご存知の通り。ってのは違うような?プリンススカイラインが元祖なような?
まぁどうでもいいんですけどね。

名前(任意)
コメント