カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

新型カムリ ハイブリッド日本仕様が発売、マークX後継の役割も

トヨタから新型カムリが2017年7月10日にフルモデルチェンジ発売された。

(写真は新型カムリ)
カムリ フロントグリル

カムリシリーズは本モデルで10代目となる。主力市場の北米で1月にフルモデルチェンジ発表が済まされており、新型カムリのエクステリアが明らかとなっていた。

カムリ リアコンビネーションランプ カムリ インテリア

ラグジュアリーなLE系、スポーティなSE系と二種類のエクステリアタイプが用意される北米仕様であるが、このうち日本導入されるのはLE系のみ。北米と違いコンパクトカーが多い日本市場では、カムリ程度の車格でも十分にラグジュアリーイメージが強く、LE系の方が市場に合うということだろう。カムリ日本仕様は、Xグレードが329万4000円、Gグレードが349万9200円、同レザーパッケージが419万5800円のラインアップとなる。

カムリ CAMRY フロントグリル

新型カムリはTNGA採用、新開発ハイブリッドエンジンでJC08モード燃費は33.4km/L

新型カムリはTNGAプラットフォーム採用により、車体性能は大幅に進化した。日本仕様は先代型同様にハイブリッド専用車となるが、そのハイブリッドパワートレインもTNGA世代の新開発2.5Lとなる。JC08モード燃費は33.4km/Lを達成する。ハイブリッドバッテリーはリチウムイオン式の採用による小型化と積載位置の見直しで、リアシート全面トランクスルー機構が備わる。

2.5L TNGA ハイブリッドエンジン カムリ TNGA

トヨタではミドルクラスセダンのラインアップ再編が進められており、マークXとSAIのカタログ落ちが決まっている。新型カムリはこれらのモデルを引き継ぐ役割もあるが、しばらくの間はマークX、SAIとの併売となる。

関連するレポート

[ 2017/07/11 ]
#1 匿名さん2017/07/12(Wed)20:10:57
インパネは他のトヨタ車に比べると最新装備満載になったけど、
今回も外観はカローラの大型版って印象がぬぐえないな
#2 匿名さん2017/07/12(Wed)21:05:17
アメリカ行ったら、カムリなんか日本で言うところのフィットとかアクアとかユニクロみたいなもん
昭和時代のカローラと同等オーラだからな
#3 匿名さん2017/07/12(Wed)21:52:30
なんで北米カムリのフロントバンパーにしないのか
あっちの方がまだマシ
#4 匿名さん2017/07/13(Thu)04:27:07
トヨタ車(レクサス含む)って、写真映り悪いですよね。
実車を見ましたが、雑誌の写真やネットの写真よりは、まだマシかな。
サイドのプレスラインは良いと思います。
ただ、やっぱり皆さん言われているように、フロントのグリル、バンパーのデザインがカッコ悪い。
リアのテールランプのデザインも中途半端に感じました。
お願いだから、トヨタのデザイナー全員早く解雇してほしい。
#5 匿名さん2017/07/13(Thu)08:18:03
トヨタはデザインが原因で、今まで相当損してると思う。
トヨタ(+レクサス)デザインが嫌で輸入車に移った人は多いと思う。
#6 匿名さん2017/07/13(Thu)10:04:43
トヨタのデザイナー及び幹部は馬鹿しかいないのか!。
空前絶後の〜、
超絶カッコ悪いですけど。
気がついていないのかな。
たしかに輸入車のほうが魅力的に感じます。
(品質さえ良ければ)
あと、
トヨタ車レクサス車って
アルミホイールのデザインと見た目の素材感が安っぽいですね。
#7 匿名さん2017/07/17(Mon)13:11:06
外車だってトヨタのエンブレムつけりゃ皆ダサく見える。皆がトヨタのデザインの心配しなくても大丈夫さ。
#8 匿名さん2017/07/17(Mon)14:06:38
いつから国産車はかっこわるくなったのだろう。
昔はかっこよかったのに。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.