car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

86セダン、BRZセダンの開発は進行中、2.0 DIT搭載でマークX後継のFR車

86/BRZ派生セダン車の発売は2016年頃の見込み、全長は51cmの延長

トヨタとスバルが共同企画したFRスポーツクーペの86/BRZが人気であるが、その派生車種としてFRスポーツセダンが開発中であるということは、86/BRZの発売前から噂となっていた。その発売時期は2016年頃とされており、暫定的な仕様が明らかとなってきた。

(写真は86現行モデル)
86 toyota 2012年

現行86のボディサイズは全長4240mm×全幅1775mm×全高1300mmでホイールベースは2570mmである。
開発中の86/BRZセダンのボディサイズは全長4750mm×全幅1780mm×全高1400mm、ホイールベースは2750mmとなる見込み。86/BRZセダンはホイールベースで+180mm、全長で+510mmもの延長を受けることになる。これはまさにマークX並のボディといった具合であるが、次期マークXはFF化されるという話もあり、このクラスのFRセダンの需要は86セダンに引き継がれることが予想される。

86 toyota 2012 BRZスバル2013

86セダンは4気筒2.0L水平対向ターボエンジンのFA20 DITを搭載、BRZセダンは1.6 DIT

86/BRZセダンは大幅なボディサイズの拡大により快適な後席居住性となることが想像できるが、これは重量増も伴うことになる。

86セダンには上級パワートレインの搭載が検討されており、現在のところ有力なのが最高出力300psを発生するスバルの4気筒水平対向エンジンの2.0 DITで、トランスミッションはアイシン8ATとなる見込みだ。

(写真は2.0 DIT FA20ツインスクロールターボ搭載のレヴォーグ)
レヴォーグ 2.0 DIT

さらに、このFRのシステムにアシストモーターによるフロント駆動を追加した4WDハイブリッドモデルも開発中となっている。フロント左右は独立制御される2基のモーター駆動となることが予想され、燃費性能だけでなくコーナリング時における路面追従性の向上も期待される。ただし、そうなると開発期間が長くなることが予想され、4WDハイブリッドモデルは後追いでの発売になるのではと考える。

(写真は1.6 DIT FB16ツインスクロールターボ)
1.6L DIT 直噴ターボ ボクサーエンジン

また、BRZセダンには燃費性能に優れた1.6 DITの搭載も検討されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先