car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

トヨタ・ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト

東京モーターショーが迫った今秋のトヨタは、大型ラダーフレーム車種にリフレッシュをかける。FJクルーザーの最終特別仕様車発売、ハイラックスの日本導入に並び、ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。

(写真は現行ランドクルーザー プラド)
トヨタ ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラド後期型はトヨタセーフティセンスPを標準装備

2009年から販売される現行型ランドクルーザープラドであるが、2013年に一度マイナーモデルチェンジを受けて中期型となっている。今回の2017年のマイナーモデルチェンジで後期型に移行することになる。フロントデザインの大幅刷新が見込まれており、LEDヘッドランプ、LEDフォグランプが標準化される。

ランドクルーザープラド リアコンビネーションランプ ランドクルーザー プラド トヨタ

装備面では安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスPの標準採用が大きな目玉となる。ミリ波レーダーと単眼カメラによる前方認識により、歩行者検知機能による衝突回避、被害軽減などの制御が提供される。

パワートレインはガソリンが直4 2.7L 4WD、ディーゼルが直4 2.8L 4WDと変わらず。

車両価格は、TXグレードのガソリン車5人乗りが353万8080円でエントリー価格。中間価格帯では、TXグレードLパッケージのガソリン7人乗りが420万2280円、ディーゼル7人乗りが482万2200円。最上級はTX-Gグレードのディーゼル7人乗りが536万3280円となる。

装備の充実が盛り込まれるが、値上げ幅は従来比20万円前後とやや大きく、実質的には値上げといった印象である。

ランドクルーザー プラド 2014

ランドクルーザープラドのマイナーモデルチェンジは2017年9月12日に発表される見込みである。

#1 匿名さん2017/08/29(Tue)20:52:46
「プラドはランクルではない」などと否定的なお声を聞くことが多数ありますが,それでも私はプラドと今回のマイチェンを歓迎したいです。派生モデルとはいえ,町中でプラドを多く見かけることが,やはりこのクルマのニーズがあるということなんだと思います。末永く,日本で販売し続けてほしいクルマの一つです。
#2 匿名さん2017/08/29(Tue)21:32:27
個人的にはプラドって劣化版ランクルにしか思えないんだよな・・・。

生粋のランクルが高すぎて買えない、けどパジェロじゃダメ!!って人が買うイメージだな・・・自分は。
#3 匿名さん2017/08/29(Tue)22:11:11
生粋のランクルって価格以前にデカすぎて使いづらいよ
プラドなら田舎なら普通に取り回せる
積雪地域とか小金持ちが乗り回すプチ高級車にちょうどいい
#4 匿名さん2017/08/30(Wed)00:04:41
ハイラックスよりコイツの後ろ屋根取っ払った方が格好いいんじゃないの?
#5 匿名さん2019/08/26(Mon)21:51:43ID:IyODE2NmTM
Tjクルーザー12月予約開始。
これは売れるかも。

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/04/28)

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

トヨタ・ランドクルーザープラドのモデルサイクルは延長

現行ランドクルーザープラドは2009年のフルモデルチェンジ発売以来、販売期間が8年に及ぶ。これまでの6年前後のモデルサイクルを既に過ぎているが、2017年秋にマイナーモデルチェンジの実施が予定されている。現行型はリフレッシュを受け販売期間が延長される。

(写真は現行ランドクルーザープラド)
トヨタ ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドはライバルモデルが増えたが意外にも売れている

ランドクルーザーの派生モデルとしてデビューしたプラドのネームは1990年から使われた。日本や欧州の都市部における市場では、ランドクルーザーほど本格的なオフロード走行や積載性は必要とされないケースが多い。プラドでは、舗装路での快適性を求めつつ雪道や趣味のアウトドアにも対応する走破性と、取り回しの良いボディサイズ、さらにはプレミアムイメージも与えられ、シティSUVのポジションを確立してきた。

ランドクルーザープラド リアコンビネーションランプ ランドクルーザー プラド トヨタ

振り返ってみると、ランドクルーザープラドが近年トレンド化してきたプレミアムクロスオーバーSUVの先駆けであったと思わせる部分があるが、これは逆に言えばライバルが増えたということである。具体的には、トヨタグループ内でレクサス・RXシリーズが台頭し、あるいはBMW・X3およびX5、アウディ・Q5、メルセデスベンツ・GLCといったようにドイツ系プレミアムブランドにおいてもラインアップが拡充している。

ランドクルーザー プラド 2014

そんなかランドクルーザープラドの販売台数は昨年2016年で1万7310台となった。フルモデルチェンジから時間が経っていることを考慮しても、意外にも売れているといった印象ではないだろうか。

今秋のマイナーモデルチェンジではフェイスリフトが実施され、現行の2013年マイナーモデルチェンジの中期型に続く、後期型としての扱いとなるだろう。パワートレインは特に変わりなく、2.8Lディーゼルエンジンと2.7Lガソリンエンジンの2タイプが継続される。車格的には、セーフティセンスPの標準装備が予想される。

過去記事(2015/06/01)

ランドクルーザープラドにディーゼルモデルが追加、6月17日マイナーチェンジ

プラドがマイチェン、ディーゼルモデル追加と6AT化でJC08モード燃費向上

トヨタ・ランドクルーザープラドが2015年6月17日にマイナーモデルチェンジを受ける計画となっている。

(写真は現行プラド)
ランドクルーザー プラド 2014

現行150型プラドは2009年に発売されたモデル。販売期間6年が経過するタイミングということでフルモデルチェンジが期待される時期ではあるのだが、今回はマイナーモデルチェンジのみ。エクステリアデザインは、ほぼキャリーオーバーとなる見込みで、パワートレインの一新が目玉となる。

ランドクルーザープラド 2013 ランドクルーザープラド リアコンビネーションランプ

新型プラドに搭載されるエンジンは2.8Lディーゼルと、2.7Lガソリンの2タイプへ

まず新型プラドの大きなトピックとなっているのが、ディーゼルエンジンモデルの追加である。主に欧州市場向けとして開発された2.8Lのクリーンディーゼルエンジン、1GD-FTV型が導入されることになる。そのスペックは最高出力177ps、最大トルク46.0kgmとなる。組み合わさるトランスミッションは6速ATとなり、JC08モード燃費は11.8km/Lを達成する見込み。

トヨタ ランドクルーザープラド

このクリーンディーゼルエンジンの導入によって、これまで上級パワートレインに位置付けられていたV6 4.0Lのガソリンエンジン搭載モデルはラインアップから外れることになる。

ランドクルーザー プラド トヨタ

また、エントリーグレードに設定されていた直4 2.7Lのガソリンエンジン搭載モデルも刷新を受けて燃費性能を向上させてくる。DUAL VVT-iの採用などエンジン本体のブラッシュアップの他、トランスミッションは現行5速ATから6速ATにグレードアップされる。JC08モード燃費は現行8.5km/Lから9.0km/Lへ向上する見込みとなっている。

過去記事(2013/09/14)

ランドクルーザー プラドがマイナーチェンジ、フロントグリルのデザイン変更

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジを受けて後期モデルへ

トヨタのランドクルーザープラドが2013年9月10日にマイナーチェンジを受けた。

ランドクルーザー プラド 2013

2009年に販売がスタートした150系プラドは後期モデルへと移行することになる。プラドシリーズはこれまで6~7年でフルモデルチェンジしてきており、今年2013年は販売期間としてはちょうど折り返し点を過ぎたところにあたる。今回のマイナーチェンジは、インテリアおよびエクステリアを中心とした改変で、フロントマスクの変更を含めた大掛かりなものとなった。
プラド2013

新型プラドの迫力あるフロントマスク、サスペンションチューニングも改善

新型プラドで一番に目を引くのは、大型化し存在感を増したフロントグリルである。高級感ある縦グリルを踏襲しつつも開口部が大きくなっており、クロームメッキで装飾されたグリルの縦桟とフレームが太くなった。ヘッドライトやフロントバンパーもこれに合わせて新デザインが採用され、プラドがトヨタの上級SUVであることをこれまで以上にアピールするものとなっている。
プラド 内装インテリア
一方でサスペンションチューニングについても見直しが図られ車体安定性が向上している。同時に前期モデルから評価の高かった乗り心地についても更なる改善が盛り込まれた。
装備面ではマルチテレインセレクトがグレードアップした。走行環境に合わせたトラクションコントロールおよびブレーキングのモードは従来の4モードから、新型では5モードに増えた。
トヨタ プラド2013
新型プラドの車両価格は、5人乗り仕様が直4 2.7Lエンジン搭載で318万円~362万円。7人乗り仕様は、直4 2.7Lエンジン搭載モデルが333万円~377万円、V6 4.0Lエンジン搭載モデルが425万円~490万円となる。