ノアとヴォクシーのフルモデルチェンジ情報、ハイブリッド搭載で2013年末発売

ハイブリッド版ノア、ヴォクシーに搭載予定のリチウムイオンバッテリー

ノアとヴォクシーのフルモデルチェンジ時期について、前回のレポートでは、ハイブリッド用蓄電池にリチウムイオンバッテリーが採用されるということで、当初の予定より1年延期の2014年中盤あたりになるのではと報告していた。しかし、現在は2013年終盤あたりが新モデル発売の目標時期となっているようだ。
次期ノア&ヴォクシーの発売が遅れる主な原因はリチウムイオンバッテリーの供給体制にあるということであったが、恐らくこの状況が好転したものと予測する。
2013年11月には東京モーターショーが控えており、このタイミングで大規模なプロモーションが行われる可能性が高くなった。

(写真は現行ノア 2012年モデル特別仕様車)
ノア 2012

ノアとヴォクシーのフルモデルチェンジを急がすライバル車

また、ライバル車の追い上げもトヨタがノア&ヴォクシーのフルモデルチェンジを急ぐ要因となっているだろう。先月2012年11月の2.0Lクラスミニバンの販売台数は日産・セレナが5482台、ホンダ・ステップワゴンが3513台であった。
一方でトヨタ勢は、ノアが2281台、ヴォクシーが3070台ということで、2007年のフルモデルチェンジから5年が経過した車種としては健闘しているものの、さすがに販売台数が落ちてきている。姉妹車のノアとヴォクシーの販売台数を合計してもセレナに届かない状況になっているのだ。
セレナは2010年に新型になったばかりで、ハイブリッドモデルもラインアップしている。燃費性能、居住性が優れるだけでなく、エコカー減税も100%あるいは75%対象車となっており、ユーザーに対するアピール力は大きい。ノアとヴォクシーがこういった車種に対抗していくためには、一刻も早いフルモデルチェンジが必要となっている。

関連するレポート

[ 2012/12/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.