(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

ハリアーが2013年秋にフルモデルチェンジして復活発売、2.0Lクラス車に格下げ

新型ハリアーが2013年内にも発売予定

2003年から長らくに渡って販売されてきた2代目ハリアーだが、既に生産を終了しており在庫販売のみが続けられている状況となっている。
今後は一旦販売停止となりラインアップから姿を消すことになるが、今年2013年内にはフルモデルチェンジした新型ハリアーが販売されることになりそうだ。

(写真は現行ハリアー)
ハリアー

次期ハリアーは2.0Lエンジン搭載、さらにハイブリッドモデルも設定

次期モデルのハリアーは、レクサスRXとの差別化のために、少し車格を下げる方向で開発が進められている。
そのメイングレードとして採用されるエンジンは、直4の2.0Lエンジンとなる可能性が高いだろう。2.0Lエンジンとはいえバルブマチック付きの最新エンジンであるため、性能的に不足を感じる場面は少ないはず。ただし、排気量縮小による車格ダウンのイメージは拭えない。特に2代目ハリアーではV6 3.5Lエンジン搭載モデルをラインアップしていた時代もあるだけに、次期モデルを残念に感じるファンもいるはずだ。
またハイブリッドモデルも用意される。こちらはカムリと共通の2.5L ハイブリッドエンジンが採用される見込みで、燃費性能が優れたモデルになる。

さて、次期ハリアーを語るにあたって避けて通れないのが共通コンポーネントが多くなるであろう新型RAV4との兼ね合いである。次期モデルからは両者ともMCプラットフォームの採用となり、より共通化が進むことになる。
今後、日本では旧モデルのRAV4がさらに2年近くは販売されると考えるが、既に北米市場では2012年11月に新型RAV4の発表があり、販売が開始されつつある。つまり、日本市場ではハリアーはあくまでRAV4の兄貴分なわけで、次期ハリアーがデビューするまでは新型RAV4の発売が待たされている状況となっているのだ。次期ハリアーの発売は2013年秋~年末にかけてとされており、それから1年後の2014年下期になってようやくRAV4が日本デビューすることになるだろう。

関連するレポート

[ 2013/01/05 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.