(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

アクア納期すでに8ヶ月待ち、トヨタが新型ハイブリッドを発表

トヨタ・アクアが本日正式発表、既に納期が遅くなる見込み

アクアは、12月26日に発表が予定されているトヨタの新型ハイブリッド。
既に予約受付が開始されている。
トヨタで最も小さいコンパクトハイブリッドとして人気を集めている一方で、一部地域では納期が遅くなる動きが出始めている。
アクア

アクアLは商用グレード、アクアSとアクアLは割高

発売初期に設定されるアクアのグレードは3つ。
装備の違いにより、価格だけでなく燃費も異なる。

一番安いアクアLは169万円。燃費は最も良く10・15モードで40.0km/L、JC08モードで35.4km/Lを達成する。
ただし、リアドアのウィンドウは手動式。ドライバーズシートの上下調節ができないほか、遮音材も簡略される。
商用車的な位置づけで、一般ユーザー向けの装備ではない。

個人ユーザーにとっては、実質的にアクアSの179万円かアクアLの185万円の選択になるケースが多いはずだ。
10・15モード燃費は37.0km/LとアクアLに対して劣るが、実用燃費に近いJC08モード燃費では35.4km/LとアクアLと同じ水準を達成しているので、3つのグレードの燃費差は殆ど無いと考えていい。
ただし、アクアSの価格が179万円というのは、ハイブリッドと言えどコンパクトカーの範疇を超えてきている。
ライバルのホンダ・フィットハイブリッドは159万円であるから、車体価格差は20万円。
フィットハイブリッドのJC08モード燃費26.0km/Lと比較すれば、アクアの燃費性能に関するアドバンテージは大きいが、一般的な走行距離では経済的にお得になるケースは少ない。
こうなると、アクアよりも室内やラゲッジルームが広いフィットハイブリッドもなかなか魅力的に感じてくる。

アクアの納期は最大8ヶ月待ち

新型アクアは、すでに予約受付が開始されているが、その納期の関しての情報も入ってきた。
それによると、各県ごとのディーラーに割り当てられた台数が違うため、納期は地域によってばらつきがあるようだ。
東京、大阪は、割り当て台数が多いせいもあり2~4ヶ月待ちの納期。
愛知は予約殺到で夏頃の納期になる見込みだ。
その他の地域では概ね、4~5ヶ月待ちといったところが多い。
アクアL、S、Gのグレードによっても違いがあるので、購入を希望するユーザーは早めにディーラーに問い合わせた方がいい。

予想通り大人気となった新型アクア。
しかし冷静に考えてみると、最安グレードのアクアLが実質的に商用グレードという価格設定にダマシがあり、割高感が否めない。
アクアS、アクアLの価格であれば最近は値引き幅が大きくなってきたプリウスにも手が届きそうだし、フィットハイブリッドならダントツに安くて完成度も高い。
しかもこれらライバル車の納期は早い。

関連するレポート

[ 2011/12/26 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.