軽自動車販売台数ランキング上位車種の欠点と長所 ワゴンR/ムーヴ/タント

売れ筋トップ3軽自動車の短所と長所のまとめ

1位:ワゴンR(スズキ)

(長所)
1660mmの全高が絶妙で、広い室内空間を確保している。
高い全高でも日常走行では走行安定性に不安を感じることはない。
フロントシートは左右ウォークスルーがしやすくなっており、片側しか出られないような狭い駐車場でも乗り降りしやすい。
シートの居住性も十分で、大人4人が快適に移動することが可能。
リアシートの足元広さはかなりの余裕があり、軽自動車らしい閉塞感は全く無い。
他に満足度が高いのは内装の仕上がり。2008年デビューの現行型は軽自動車やコンパクトカーのレベルを越えている。

(欠点)
軽自動車で売り上げNo1だけあって、大きな欠点はない。
サイドウィンドーが小さく、箱型ボディの割りには視界が良くないので、身長の低いドライバーは購入前に確認が必要。
カーナビの設定価格が高いのが不満。
アイドリングストップ仕様がメイングレードではない。

2位:ムーヴ(ダイハツ)

(長所)
ワゴンR以上に広さを求めた室内空間。
先代のL175、L185S型にロングホイールベース化など室内の広さをアピールした設計であったが、2010年デビューの現行型(LA100/LA110S)は、ややバランス型に回帰。ホイールベースも35mm縮小して小回り性能を高めるなど、寸法上の広さアピールよりも、道具としての使いやすさを追求した作りになった。
インテリアの質感はワゴンRと比較しても遜色ない。

(欠点)
エン ジンの出来が欠点とまではいかないが、スズキの方が上手。
日常域の使用でもボディの重さを感じることが多い。
スペック上もスズキの方が低い回転数で出力が高い。
燃費性能に重点を置きすぎた感じがする。
ワゴンRと比較して、値引きを含めて5~10万円ぐらいは高くなる車体価格は欠点。

3位:タント(ダイハツ)

(長所)
ミニバンからの乗り換えでも妥協できる、とにかく広い室内空間が魅力。
電動スライドドアが装備されたモデルもある。価格は130万円と軽自動車の域を超えているが、それでも売れる。
(欠点)
ムーヴよりもさらに重くなった車体重量で、動力性能に不満を感じるレベル。
スクウェアなボディ形状で全高が1750mm。横風を受けやすく、運転感覚は良くない。
室内を広くしすぎた為、トータルバランスは良くない。
リアシートの広々感は軽自動車で一番だが、乗り心地はイマイチ。チャイルドシートの装着が前提なのか、コストダウンが見られる。

関連するレポート

[ 2011/07/11 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.