(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

新型インプレッサのWRX STIはFA20直噴ターボエンジン搭載が有力

新型インプレッサをベースとするWRX STIが早くて今年中に発売

新型インプレッサが昨年2011年にリリースされたが、WRX STIについては旧モデルが引き続き販売されている。現在、新型インプレッサをベースとしたWRX STIの開発が進められている。発売時期は、2012年の年末から2013年の初頭頃になる見込みだ。
そして、新型WRX STIに搭載される可能性が最も高いエンジンとして注目されているのが、FA型2.0Lの水平対向直噴ターボエンジンである。

(写真は、現行モデルWRX STIラリー仕様)
WRX STI RALLY TEAM CHINA

WRX STIはFA20直噴ターボエンジン搭載

BRZ&86に搭載されているFA型2.0LのNAエンジンは、BRZ&86のエンジンルームでは過給器の搭載スペースが不足していることやトランスミッションが高トルクに耐えられないことを理由に、FA20のターボ版が出る可能性は低いとこれまで考えられていた。(トヨタは86にターボとスーパーチャージャーを装備させたGRMN86をニュルブルクリンク24h耐久レースで公開したが、この車両の市販化は現実ではないだろう。恐らく歩行者頭部保護基準の達成が難しいのではないか。)
BRZ&86に載らないのなら、FA型2.0Lターボエンジンは出ないと考えられていたのだが、意外な車両での一般販売が既に実現している。それが、先月の2012年5月に実施されたレガシィのマイナーチェンジによる2.0GT DITグレードの追加である。なんとレガシィにFA20直噴ターボを載せてしまったのだ。
レガシィDITのFA型2.0L水平対向直噴ターボエンジンは、最高出力300ps、最大トルク40.8kgmを発生した上で、JC08モード燃費は12.4km/Lを達成。インプレッサベースのWRX STIの車両重量であれば、さらなる燃費性能の向上が期待できるだろう。

(写真は、現行WRX STI S206)
WRX STI S206

また、FB型の1.6Lターボは燃費重視の設計で、今秋発売のインプレッサXVから搭載が始まる。このエンジンもWRX STIへの搭載候補の一つであった。しかし、レガシィ2.0GT DITが発売された今となっては、そう考える意見は少ない。次期WRX STI搭載エンジンとして最も可能性が高いのは、やはりFA型2.0L直噴ボクサーターボエンジンと言うことになるだろう。

関連するレポート

[ 2012/06/11 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.