新型シーマと中国版インフィニティM35hLの違いとは?

新型シーマとほぼ共通ボディのインフィニティM35hL

2012年5月、シーマが5代目のフルモデルチェンジを受けて、日産のラインアップに復活した。
北米、欧州、中国をメインとするグローバルマーケットでは、フーガをインフィニティのMシリーズとして販売している。ただし、インフィニティMは、市場によってボディサイズが違うようだ。

新型シーマはインフィニティMロングボディ仕様

写真は、北京モーターショーに出展されたインフィニティM35hL。
シーマとインフィニティM35hL
中国版シーマとも言えるM35hLのボディサイズは全長5095mm×全幅1845mm×全高1500mm、ホイールベースは3050mm。欧州と北米のインフィニティMシリーズに対して、全長とホイールベースが150mmのストレッチを受けたロングボディ仕様になっており、その空間の全てはB-Cピラー間の後席スペースに割り当てられている。
日本仕様のシーマは、全長5120mm×全幅1845mm×全高1510mm、ホイールベースは3050mm。ホイールベースが中国仕様のインフィニティM35hLと共通であることから、新型シーマがインフィニティMのロングボディバージョンに相当することがわかる。その他の細かなディメンションの違いは、バンパー形状や足回りのセッティングの違いによるものだろう。
インフィニティM35hLのパワートレーンは、V6 3.5Lのハイブリッドユニットを搭載している。これも日本の新型シーマと共通するもので、インテリジェントデュアルクラッチコントロールと名付けられた1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムが採用されている。北米仕様、欧州仕様では、この他にV6 3.0L、V6 3.7L、V8 5.6Lもラインアップしている。
中国版シーマ、インフィニティM35hL
中国マーケットでは、世界各国の自動車メーカーが激しい販売合戦を繰り広げている。日本勢のトヨタ、ホンダが苦戦するなか、日産は日系自動車メーカーでは唯一の勝ち組。昨年の2011年には、135万台もの販売実績をあげている。
2012年4月には、インフィニティ事業部門の本社を香港に設立するなど、今後も更なる攻勢を仕掛けるつもりだ。

関連するレポート

[ 2012/06/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

スイフトが2016年内フルモデルチェンジ、スズキが新車ラッシュで巻き返し

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキ・ソリオ、ソリオバンディットに新型ハイブリッド搭載モデルが追加発売

15代目クラウンがTNGAプラットフォーム採用で開発中、マジェスタ廃止の可能性も

ホンダ・シビッククーペSiプロトタイプがロサンゼルスオートショーで公開

次期シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショー2017で公開予定

三菱自動車がRVRより小さい新型クロスオーバーSUVを2017年後半に発売する計画

新型CX-5の日本仕様車がマツダ本社工場で量産開始、2017年2月正式発売予定

スズキ・ランディ復活、日産からセレナの車体が供給されOEM販売

マークXが今夏のビッグマイナーチェンジで3連ヘッドライト廃止、G'sが発売

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス次期LS市販型が北米国際オートショーでワールドプレミアされる見込み

トヨタ・S-FR画像、新型FRスポーツが東京モーターショーでワールドプレミア

日産・ノート e-POWERの受注が好調、約78%がハイブリッド車を選択

スズキ次期ワゴンRにフルハイブリッドあり、軽自動車向けに新開発

日産ノート プラグインハイブリッドが2016年内に発売される見込み

ミラージュ セダンの日本発売はあるのか?三菱のコンセプトG4が上海でも公開

トヨタ・マークXがマイナーチェンジ、恐らくシリーズ最終エクステリア

次期カローラは3ナンバー大型化の可能性、プレミオ/アリオンと統合

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

アウディ新型R8 フルモデルチェンジ画像、ジュネーブモーターショー2015

86よりも小さいコンパクトFRスポーツカーをトヨタが開発か、1.5Lターボクラス

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

アクアの弱点とは?トヨタ新型ハイブリッド

シビックタイプR市販型がジュネーブモーターショーでワールドプレミアの予測

マークXのマイナーチェンジは11月22日、セーフティセンスP搭載で値上げ

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ルーミー、タンク、トール、ジャスティ発売、新型スライドドア小型ワゴン車

ホンダ・シビックセダン日本仕様は国内生産モデル、2017年秋より生産開始

新型ジュークがジュネーブモーターショー2017で発表予測、e-POWER搭載

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

ソリオ ストロングハイブリッドはJC08モード燃費32.0km/L以上で11月下旬発売

セレナ次期モデルは2.0Lの新型ハイブリッドエンジンを搭載、発売は2016年頃

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.