(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

ミラージュ・ラリーアートが計画中、1.2Lターボエンジンが追加

新型ミラージュにラリーアートバージョンが追加予定

三菱から新型コンパクトカーのミラージュが2012年8月にデビューする。
実質的にはコルトの後継車種ということだが、2000年に絶版となった旧車名、ミラージュの復活ということで期待が高まっている。
ミラージュのボディサイズは全長3710mm×全幅1665mm×全高1490mmでコルトよりも小さい。
日本よりもアジア市場を重視したコンパクトカーということになる。
900kg前後の軽量ボディと新開発の3気筒1.0Lエンジン、さらにアイドリングストップシステムを備え、燃費は30km/Lを達成。
ミラージュの最も安いグレードは車体価格が98万円程度になるとされており、抜群の経済性を持つ低燃費スモールカーとして発売される。

そんな新型ミラージュにラリーアートバージョンが登場するという。
搭載されるエンジンは、1.2Lターボ。
ノーマルのミラージュNA1.0Lの最高出力が80psであるのに対し、1.2Lターボのミラージュラリーアートは110ps程度になるという。
発売時期は未定だが、ノーマルミラージュの発売が2012年8月であるから、その1年後ぐらいになるのではと予想する。

写真は東京モーターショーで公開された新型ミラージュ。
ミラージュ

ミラージュラリーアートのライバルはマーチSC

ホットハッチモデルとして期待されているミラージュラリーアート。
そのライバルは、日産マーチ・スーパーチャージャーになるだろう。
ミラージュとマーチは、ともにタイ生産のグローバルスモールカーということで共通点が多い。
どちらも過給器モデルをラインアップするということで楽しみだ。

関連するレポート

[ 2012/01/20 ]
自動車リサーチ

Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.