(自動車リサーチ)新車モデルチェンジ情報とモーターショー、燃費を比較するサイト

自動車リサーチHome rss feed

コペン後継の軽自動車オープン、ダイハツD-X

コペン後継は2気筒ターボエンジンの搭載となるか?

D-X(ディー・クロス)は次期コペンとして、ダイハツが提案している2シータ軽オープンカー。
これまで歴代コペンは、正統派オープンスポーツのスタイルであったが、それから一転して、D-Xはオフロードテイストを加えたクロスオーバー的な位置づけの軽自動車となる。
また、このD-Xは、パワーユニットにも注目が集まっている。
コンセプト段階では、2気筒ターボエンジンの搭載が想定されているというのだ。
D-Xの市販化、つまりコペン後継車種のデビュー時期は、早ければ2012年内となっている。

コペン後継

コペン後継D-X

コペン後継車種、D-Xのオフロードスポーツ以外に3つのボディタイプを提案

写真にあるように、フェンダーなどに樹脂パーツを多用したスポーツとオフロードのクロスオーバーであるD-Xが、現在のところはメインで進められている次期コペンの姿である。
しかし、この他にもレーシング仕様、2シーターワゴン仕様、オフロードバギースタイルといった、3種類のボディタイプが提案されている。
すべてのボディタイプについての市販化は難しいだろうが、反響の大きかったものについては市販化への動きもあるはずだ。
コペンの後継車種、D-Xが市販化する時期については、早ければ来年2012年という話も出ている。
ただし、この時期に発売するということであれば、2気筒ターボエンジンの採用は厳しいとされている。
2気筒ターボエンジンは、燃費性能を上げるには有利だが、振動や騒音面で解決すべき問題が多く、現状では日本市場向け車種での採用は難しい。
その為、2012年に発売開始ということであれば、現行の3気筒ターボエンジンが採用されるのではと考えられる。
2気筒エンジンは、ダイハツやその親会社のトヨタによって積極的に開発が進められている技術の一つで、環境性能の高い小型車向けエンジンとして重要視されている。
2気筒エンジンは、コペン後継車種での採用が見送られても、近い将来の小型車に必ず採用されてくるだろう。

関連するレポート

[ 2011/12/16 ]
自動車リサーチ
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.